畑の宝!じゃがいもが美容にいいって本当?じゃがいもの美容効果を解説!

畑の宝!じゃがいもが美容にいいって本当?じゃがいもの美容効果を解説!

梅雨の時期に旬をむかえるじゃがいもは日ごろから食卓にならぶことも多い野菜のひとつです。いも類はカロリーや糖質も高く、太りやすいというイメージがあるかと思いますが、じつはじゃがいもには美容にうれしい効果のある栄養素がたくさん含まれています。今回はそんなじゃがいもの美容効果についてご紹介します。

 
こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。定番の野菜のひとつであるじゃがいもは、一年を通して手に入れることができ、比較的安価なので食卓に並ぶことが多い食材といえます。じつは、じゃがいもは栄養価が高く、美容に嬉しい効果を得ることができるのです。今回はそんなじゃがいもの美容効果についてご紹介します。
 

ようこちゃん、おはよう!いきなりだけど、昨日の夕食はなに食べた?

おはようございます。昨日ですか?肉じゃがを食べました。

いいね~!ほくほくのじゃがいもはおいしいだけじゃなくて美容にも効果的だって知ってる?

そうなのですか?太りやすいイメージがあるので食べ過ぎないようにしました。

たしかに食べ過ぎは太ってしまうけど、適量であれば美容に嬉しい栄養素がたくさん摂取できるんだよ!

じゃがいもの美容効果、詳しく聞かせてください!

ふっふっふ~♪じゃあ今日はじゃがいもについて説明しよう!

荒れた土地でも育つ!じゃがいもが美容に効果的って本当?

肉じゃがやカレーなどといった家庭料理に大活躍のじゃがいもは高カロリーなイメージですが、100gあたり約76kcalとじつは低カロリーです。そしてビタミンCやカリウム、食物繊維、鉄分などの美容に効果のある栄養素が豊富に含まれています。ではそれらの栄養素がどのようにして美容に効果的なのか確認していきましょう。
 

じゃがいもはカロリーが高いイメージでしたが、意外にも低カロリーなのですね。

うん、そうなんだよ~!じゃあ美容効果について説明していくね♪

じゃがいもの美容効果を徹底解説!

梅雨の時期に旬を迎え、意外にも低カロリーなじゃがいもには、美容に嬉しい効果のある栄養素が豊富に含まれていますが、具体的にどのような美容効果があるのでしょうか。栄養素ごとに確認していきましょう。

1|美白、美肌効果

ビタミンCはくだものなどに多く含まれているイメージがありますが、じつはじゃがいもにも豊富に含まれています。ビタミンCは体内でコラーゲンを生成し、ハリのある健康的な肌作りに役立ってくれます。また、シミやくすみの原因となるメラニンを抑制する働きもあるので、美白効果も期待できます。
 
ビタミンCは水溶性のビタミンで熱や水に弱く、加熱することで栄養素は失われてしまうのですが、じゃがいものビタミンCはでんぷんで守られているため、加熱しても失われにくいといわれています。そのため、効率よくビタミンCを摂取することができます。

2|ターンオーバーを促進する

じゃがいもにはビタミンCのほかにもビタミンB1が含まれています。ビタミンB1は肌のターンオーバーを促す働きがあります。ターンオーバーとは肌が生まれ変わり、古くなった角質を落としやすくする働きをいいます。ターンオーバーが上手くいかないと、古い角質がたまり、毛穴のつまりや肌のごわつきの原因になってしまいます。
 

ビタミンB1は、綺麗な肌を保つために大切な栄養素なんだよ♪

じゃがいもにはそんな嬉しい栄養素が含まれていたのですね。

3|じゃがいもには食物繊維が豊富!

食物繊維には整腸作用があり、便秘を改善する効果が期待できます。食物繊維は不溶性水溶性があり、じゃがいもには不溶性の方が多く含まれています。不溶性食物繊維は、便のかさを増やし蠕動運動を促進させ排便を促す働きがあります。じゃがいもから食物繊維を摂取することでお通じの改善が期待できます。
 

便秘が解消することで、腸内環境が整い美肌効果にも繋がるよ!

ダイエット効果も期待できますね。

4|貧血にも効果的?

じゃがいもには鉄分も含まれています。鉄分は血液中のヘモグロビンという成分を構成する重要な栄養素で、ヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ大切な役割をしています。鉄分が不足すると体内に酸素が運ばれないので酸欠状態になり、疲労や、ふらつきなどの貧血の賞状があらわれます。
 
また、ビタミンCは鉄分の吸収を促進する作用があるため、ビタミンCと鉄分が含まれているじゃがいもは貧血の予防や改善に効果的だといえます。
 

貧血だと顔色も悪く見えちゃいますもんね。

そうだね、健康的な顔色を保つためにも鉄分は大事だね♪

 
 
 

じゃがいもの美容効果まとめ

  • ビタミンCで美白、美肌効果が得られる
  • ビタミンB1ターンオーバーを促進する
  • 便秘の改善や予防に役立つ
  • じゃがいもから鉄分を摂取して貧血を予防する

 
 

じゃがいもの美容効果をもっと上手に取りたい!

じゃがいもには美肌効果や、お通じの改善、貧血にも効果的な栄養素が含まれていることがわかりました。そんな美容成分をもっと効率よく摂取するためにはどのようにすればいいのでしょうか。

1|効果の上がる食べ方 / レシピ

じゃがいもを調理するときは皮を剥く方がほとんどだと思いますが、じつは皮には脂質の代謝に役立つビタミンB2やむくみに効果的なカリウム食物繊維などが多く含まれています。そのため、じゃがいもを食べるときには、皮ごと食べるのがおすすめです。
 
皮についている泥をしっかり洗ってから適当な大きさにカットし、レンジで加熱してフライパンで炒めて塩コショウなどで味付けをするだけで、簡単に揚げないポテトを作ることができます。油を多く使わないためカロリーの心配もそこまでありません。
 

でも、じゃがいもの芽にはソラニンという毒があるから、必ず取り除くようにしてね!

2|〇〇と一緒に食べる

じゃがいもはさまざまな食材と相性がよく、レシピは無限大にありますが、美容効果をさらに上げるためには、かぼちゃと一緒に食べることがおすすめです。かぼちゃに含まれているビタミンEはじゃがいもに含まれているビタミンCと一緒に摂取することで、コラーゲンの合成をさらに活発にする効果があるため、美肌効果がさらにアップします。

3|サプリメントでじゃがいもの美容効果を摂取する

じゃがいもに含まれているビタミンCや鉄分などの栄養素は、サプリメントで摂取することも可能です。とくに美肌に効果的なビタミンCは、体内で生成されないうえに蓄積もされないため、サプリメントでこまめに摂取することで、さらに美容効果を得ることができるのでおすすめです。
 

普段の食事も栄養バランスよく食べて補助的にサプリメントを服用することで、さらなる効果が期待できるよ♪

ビタミンCのサプリメントはドラッグストアなどでも簡単に手に入れる事ができますね。

 
 

美容目的でじゃがいもを食べるときの注意点


じゃがいもは食物繊維やビタミンCが豊富で美容や健康にとても良いことがわかりました。一方でじゃがいもの芽には天然毒素であるソラニンが含まれているほかに、いくつか気をつけなければならないことがあります。最後に、美容目的でじゃがいもを摂取する場合の注意点を確認していきましょう。

1|じゃがいもの芽に気をつける

じゃがいもの芽にはソラニンという毒素が多く含まれています。ソラニンは体重50kgの人が50㎎摂取すると、吐き気や下痢、腹痛、頭痛、めまいなどの症状がでることがあります。ソラニンは茹でても分解しないため、必ず芽をしっかりと取り除くことが大切です。
 
また、芽だけではなく、皮が緑色に変色している部分にもソラニンは多く含まれているので、芽の部分と同じようにじゅうぶんに取り除いてから食べるように気をつけましょう。

2|食べ過ぎない

じゃがいもはいも類のなかでもカロリーが低く、腹持ちもよいのでダイエットにも効果的だといえます。しかし食べ過ぎは逆効果になるので、1日に1個までを目安に食べるようにしましょう。また、じゃがいもは油で揚げたり、バターやマヨネーズとも相性がいいですが、かなり高カロリーになってしまうので、美容目的の場合はなるべく控えましょう。
 

脂質の摂りすぎは肌にもよくないからね~

じゃがバターにフライドポテト…おいしいですが気をつけます。

 
 

意外にもじゃがいもには驚きの美容効果があった!

カロリーも高く太りやすいと思ってたじゃがいもは、意外にも低カロリーでビタミンCや食物繊維などの美容に効果のある嬉しい栄養素が豊富に含まれていることが分かりました。くれぐれも食べ過ぎや、芽には注意しながら、おいしく美肌効果やお通じ改善を得ましょう。
 

ようこちゃん、どうだった?昨日食べた肉じゃがは美容にとても効果的だったことがわかったでしょ?

はい、いも類は太りやすいと思っていましたがカロリーも低く美容にも効果的だということがわかって驚きました。

ご飯一杯分のカロリーよりも低いんだよ!

じゃがいもはアレンジも自由だから、飽きずに続けることができそうです。

そうだね!そこも魅力的なポイントのひとつだよね~♪