ダイエット中に食べるならようかん!食べ方の注意点もしっかりと解説

ダイエット中に食べるならようかん!食べ方の注意点もしっかりと解説

ダイエット中は甘いお菓子は我慢…となると、ストレスが溜まってしまいます。そこでおすすめなのが和菓子のようかんです。脂肪分と糖分を一緒にとると太りやすくなる洋菓子に比べてようかんは脂肪分が入っていませんし、寒天で固めるので食物繊維が豊富です。ダイエット中におすすめのようかんについてご紹介していきます。

こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。ダイエット中のおやつにようかんがおすすめなんだそうです。たしかに、あずきは健康にもいいし、寒天もダイエットに向いていると聞くのでようかんには効果があるのかもしれませんね。

リオ博士。ようかんは、ダイエット中でも食べても大丈夫なんでしょうか?

ようかんは、食べ方、食べるタイミングさえ守ればダイエット中でも安心して食べたれるんだよ!ようこちゃん!

ダイエット中でも甘いようかんが食べられるんですね!その方法を教えてください!

 

ダイエット中のおやつはようかんがオススメ!?

ダイエット中でもおやつにようかんが食べられるなんて嬉しいですね。糖分がしっかり入ってそうなのでGI値も気になるところですが、原料のあずきと寒天に食物繊維がたくさん入っているので、洋菓子よりは急激な血糖値は上昇しにくいといえます。

あずきにはポリフェノールも含まれていて美容にもいいんだ!カリウムや外皮にはサポニンが含まれていてむくみ防止にもいいんだよ!女性にはとってもおすすめの食材なんだ!

ようかんのダイエット効果とは?

ダイエット中にようかんを食べてもよい理由について詳しく説明していきます。これは、ようかんに使われるあずきと寒天にその秘密が隠されています。

ようかんのダイエット効果について3つ説明していくね!

1|ようかんには脂質が含まれていない

糖分と脂肪分を一緒にとると、糖分が先にエネルギーに代謝されるため残った脂肪は体内に蓄積しやすくなります。洋菓子が太りやすいのは、それが原因です。その点、ようかんは糖分だけなので洋菓子よりは太りにくくなります。

2|小豆には女性にうれしい成分がいっぱい

あずきに含まれるビタミンB1は糖質の代謝を促し、ビタミンB2は脂質の代謝を促してくれます。さらに食物繊維も含まれるので便秘予防も期待できます。また、体内の余分なナトリウムを体に排出するカリウムも豊富ですし、外皮には利尿作用のあるサポニンが含まれていることからむくみ予防にもなります。

3|寒天は水溶性と不溶性の食物繊維が含まれている

水溶性食物繊維は、体の中で溶けるので余分な糖分や脂肪分の吸収を抑えるはたらきがあります。不溶性食物繊維は、体の中で水分を含み膨張してお腹もちをよくしてくれます。おやつの時間にゆっくり時間をかけて食べれば、少量でも満腹感が味わえます。

ようかんのダイエット効果まとめ

  • ようかんは、脂肪分が含まれていないので洋菓子に比べて太りにくい
  • あずきにビタミンB1とB2が含まれていて糖質と脂質の代謝を促し、食物繊維が便秘を予防してくれる
  • 寒天には水溶性・不溶性の食物繊維が含まれていて余分な糖分や脂肪分の吸収を抑え、お腹もちをよくしてくれる

 

ダイエット中におすすめのようかん3選

ようかんの種類もさまざまです。ダイエット中なので、なるべく低カロリーでダイエット向きのようかんを選んだ方が効果が期待できます。そこで、ダイエット中でも食べられるおすすめのようかんをご紹介します。

おすすめの選び方3つを紹介するね!

1|水ようかん

ようかんの中でも水ようかんは水分量が多いため低カロリーでです。練りようかんが100g当たり296kcalに対して水ようかんは171kcalです。また、糖分も練りようかん100g当たり66.9gに対して水ようかん37.8gです。ダイエット中は、低カロリー低糖質の水ようかんがおすすめです。

2|黒あんより白あん

白あんはインゲン豆を使用していて、あずきよりも食物繊維豊富で栄養価も高いです。エネルギーはほぼ同じですが食物繊維、カルシウム、マグネシウムがあずきより多く、糖質はあずきより少なめです。黒あんもよいですが、白あんもダイエットにおすすめです。

3|あずきを多く含むもの

こしあんよりもつぶあんなどあずきの皮ごと入ったものの方が食物繊維が豊富です。あずきの外皮にむくみを予防するサポニンも含まれていることから、ダイエットにはあずきを多く含んだものの方がおすすめです。

ダイエット中にようかんを食べる時の注意点も解説

ようかんはダイエット中でも食べられてダイエットにも効果的だということが分かりましたが、注意をしないと逆効果になることがあります。ここでは、ダイエットに用いる注意点をご紹介いたします。

ダイエット中にようかんを食べるときの注意点3つ紹介するね!

1|食べる時間帯

日中の方が夜にくらべて活動量も多く交感神経のはたらきでカロリー消費をしやすくなります。また、私たちの体内にあるBMAL1というたんぱく質の一種が脂肪を蓄えるはたらきを持っています。すなわちBMAL1が体内で少ない午後3時おやつを食べても太りにくいときです。

2|食べ合わせ

和菓子の組み合わせで一番よいとされているのが抹茶です。お茶類の中でも一番食物繊維が多く含まれていて、血糖値の急上昇を防いでくれます。茶カテキンも一番多く、脂肪の吸収を抑えたり脂肪の燃焼を助けてくれます。茶道で抹茶に必ず和菓子が添えられているのもうなづけますね。

3|食べ過ぎはNG

和菓子は洋菓子に比べて太りにくいですが、食べすぎは太る原因になります。間食の適正カロリーは、100kcal~200kcalまでです。それ以上とるとダイエット効果は期待できません。ようかんには砂糖も多く含まれているので、練りようかんであれば、50g以内、水ようかんであれば、80g以下に留めておくのが無難です。

抹茶はカテキン量もカフェインも多いから脂肪燃焼効果が期待できるんだ!なるべく午後の3時までに決められた量をとるとダイエットの効果的だね!

ダイエット中ならようかんがおすすめ!

ようかんは脂質が含まれていないうえ、食物繊維が豊富で糖質や脂質の代謝を助けるビタミンB群が多いのでダイエットを助けてくれるおやつです。むくみ防止にもなるカリウムサポニンが含まれているので女性には嬉しいですね。ただし、食べすぎはダイエット効果が期待できないので注意をしましょう。

ようこちゃん!ようかんはダイエット中でも適正量を守れば安心でしょ?

あずきはむくみ予防にもいいから嬉しいですね。インゲン豆の白あんの効果も分かったので、黒あんと白あん色々試したいと思います。

そうだね!飽きがこないようにかえてもいいよね♪抹茶ようかんもあるみたいだしね♪