憧れのうるつやの美肌!お肌の水分量が増える理由と方法を説明

憧れのうるつやの美肌!お肌の水分量が増える理由と方法を説明

肌にとって最も必要なのは水分といっても過言ではありません。しっかり保湿をしているのに、肌が潤っていないことはありませんか?それは、肌の水分量が足りない証拠です。肌の水分量が減ると、ニキビなどの肌荒れやしわやたるみの原因になります。そうなる前にしっかりケアをして若々しい肌を保ちましょう。今回は肌の水分量が減る理由やケア方法を解説していきます。

こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です!
みなさんは肌の水分量は足りていますか?肌に潤いが足りていないと、老けた印象や疲れた印象を与えてしまいます。そうなる前に食生活やスキンケアを見直すと改善点が見つかるかもしれません。理想の美肌にすべく、今回は肌の水分について学んでいきましょう。

やっぱり冬は乾燥するね~!

はい。しっかりケアしているんですが、もうカサカサです。

それはいけないね!ところでどんなケアをしているの?

たっぷりの化粧水に、乳液で蓋をしています。

それじゃあ、お肌には少し物足りないかもね!よし!今日は肌の保湿ケアについての勉強会をしよう!

お肌の水分量が少ない…


肌の水分量は水分油分のバランスが保たれていることです。理想のバランスは、水分:油分=8:2とされています。したがって、水分量が多ければよいというものではないのです。理想の水分量は40~50%ですが、ほとんどの方が30~40%ほどだそうです。

しかし50%以上あれば潤っているということでもなく、油分が多ければオイリー肌とよばれニキビなどの肌荒れに注意も必要なのです。肌の水分量が少ないとハリやつやがなくなり、やがてしわやたるみを引き起こしてしまいます。肌にとっては悪影響なことばかりなため、しっかりとケアをして潤った肌を保ちましょう。

肌の水分量が少ないと、どんどん乾燥していくんだけど補うために皮脂も分泌されるんだ!

その皮脂がニキビなどの肌荒れを引き起こすというわけですね。

 

お肌の水分量が減る3つの理由

何も手入れをしていないのに、赤ちゃんには50%以上の十分な水分量が保たれています。肌の水分がはどうして減るのでしょうか?ここでは代表的なものをご紹介していきます。

やはり食生活でしょうか。

それもあるね!ちょっと見直してみようか♪

1|加齢

肌の水分量を保っているのはヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は体内でも作られていますが、加齢とともに生成機能が低下していきます。そのため、せっかく保湿をしても、水分を蓄えることができず肌が乾燥していくのです。そのため肌が敏感になり、肌荒れやしわなどを引き起こしてしまいます。

このヒアルロン酸を補うことができれば、肌に潤いを持たせ、透き通るようなみずみずしい肌を取り戻すことが期待できるのです。

化粧水でヒアルロン酸と表示されているものを目にするのはこのためなのですね。

2|外気やエアコンによる乾燥

乾燥は冬だけと思いきや夏も乾燥する季節なのです。夏はべたつくのを嫌いスキンケアを簡単に済ませるという方も多いのではないでしょうか。しかしこれでは肌に十分に水分を届けることができず乾燥した肌は、皮脂を分泌します。

その結果、インナードライという表面は皮脂でべたついているのにもかかわらず、内面は乾燥している状態になりニキビなどの肌荒れを起こします。インナードライは肌代謝を乱し、老化をさせていくのです。冬の乾燥もケアをしっかりしていないと同様に、肌水分が失われ肌荒れを引き起こします。

3|食生活

食の欧米化により、肉を好みファストフードなど脂質の多い食事を好むようになってきました。また、忙しい毎日で睡眠不足など生活リズムが安定しない人もいるでしょう。このような食生活の乱れは体の代謝機能を低下させ、肌へは十分な栄養が届けられません

そのため肌のターンオーバーが崩れ、肌が十分に水分を保てなくなってしまいます。健康な肌でいるには、食生活を見直すことが大切です。

気を付けるのは肌だけじゃないよ♪

食生活ですか。そういえば最近、好きなものばかり食べている気がします…。

 

お肌の水分量が減る3つの理由

  • 加齢
  • エアコンや外気による乾燥
  • 食生活

 

お肌の水分量がどんどん減るNG行為ベスト3

肌のためにと思っていても、じつは肌を傷つけ水分量を減らしていることがあります。ここではやってしまいがちなNG行為ををご紹介していきます。

ようこちゃんはスキンケアに自信はあるかな?

ちゃんとしているつもりですが、そういわれると自信がないです。

何気なくやっていることも肌には負担ということもあるからね!さっそく見ていこう♪

1|洗顔方法

はじめに、これらのことが当てはまるかチェックをしてみてください。

  • こすり洗い
  • 念入りに洗う
  • 熱いお湯ですすぐ

これらはすべて、肌を乾燥させ水分を奪ってしまうことにつながります。洗顔時間の理想はたっぷりの泡で1~1分半で終わらせるのがよいです。汚れを落とそうと必死になると必要な油分や角質を失い、肌はどんどん敏感へなっていきます。熱いお湯ですすぐのも、肌の水分を蒸発させ乾燥を進めてしまいます

また、洗顔方法だけでなく、洗顔料やクレンジングも洗浄力の強いものだと肌へ負担がかかります。肌がぴりついたり、ごわつきを感じたら低刺激のものや天然由来のものに変えてみるといいです。

2|化粧水

肌に潤いというと、たくさん化粧水をつければいいというものではありません。安価なものをたくさん使い、保湿するという方法もあるようですが、肌は与えられた分だけ水分を吸収するものではありません。化粧水
それなりの値段がするものや、保水力保湿力の高いものを選ぶことも大切です。

安価な化粧品には、保水成分、保湿成分が少なく、代わりに香料や着色料、そして界面活性剤が使用されているものが多いです。安価なものを大量に使えば、化粧水に含まれる界面活性着色料などで肌に刺激を与えることもあります。肌の潤いを保つには、化粧水の選択も重要です。

僕のおすすめはヒアルロン酸やセラミドが入っているやつ♪保水性に優れてるんだよ~♪

3|冷え性

女性の悩む方も多い冷え性は、体を冷やすだけでなくお肌にも悪影響を与えます。冷え性は血流を悪くさせ、体全体に栄養を届けにくくなっています。そのため、代謝が落ち肌のターンオーバーにも乱れ古い角質がたまっていきます。古い角質には保水性がないため、水分不足が進行していくのです。

冬だけど薄着をしているという方の中には、肌が乾燥している方もいるのではないでしょうか。肌の水分量を増やすには、冷え性など体質改善も必要です。

お肌の水分量を保つ・増やす方法


肌の水分を減らさないためにも今から対策が必要です。肌へのNG行為をおさえつつ、食生活の見直しやサプリメントを摂り入れるとしっかりと効果が期待できますよ。乾燥に負けない肌作りを実践していきましょう。

1|サプリメントで水分に効果的な栄養素を摂取する

手軽に摂れるサプリメントは、マルチミネラルマルチビタミンがおすすめです。肌代謝や肌を作るために必要な栄養がバランスよく含まれています。また必須脂肪酸であるDHAEPAには、肌の水分同士をつなげるセラミドの材料になるため一緒に摂ることで、より保湿、保水効果が期待できます。

しかし、サプリメントはあくまで補助食品です。食事では摂り切れない栄養素を補うものとして活用しましょう。

2|バランスの良い食事

肌の調子を整えるには食事から5大栄養素をしっかりとりましょう。5大栄養素とは、糖質・脂質・たんぱく質・ミネラル・ビタミンです。これらはサプリメントでも補うことはできますが、食事から摂ったほうが吸収率が高いのです。しっかり体に補給させるには、緑黄色野菜良質なたんぱく質小魚などたくさんの食品を摂りましょう。

3|保湿性の高い化粧水

肌に直接つける化粧水は良いものを選びたいものです。おすすめは保水力の高いヒアルロン酸セラミドが配合されているものです。ヒアルロン酸は細胞同士をつなぎ合わせ、肌に弾力と水分の保持の役割があります。また、セラミドは細胞に存在する水分をつなぎ合わせる働きを持ちます。

これらはもともと私たちの体に存在するものですが、加齢や活性酸素などストレスとともに減少していきます。肌に十分含ませると、肌表面が潤い乾燥に負けない肌を作ることが期待できます。

4|長湯はしない

美容のために半身浴など長風呂をされる方もいると思います。じつは半身浴で長風呂というのは、肌にとってはあまりよくないことなのです。湯船につかるのであれば40~41度で10分程度が良いとされています。長湯をしたり熱めのお湯につかると、肌の必要な油分が流れ落ち肌は水分が蒸発してしまうのです。

そのため、保湿性の高い入浴剤を入れて湯船に浸かったり、お風呂上りにすぐ、保湿性の高いクリームを塗ることで、この水分の蒸発を防ぐことができます。

熱いお湯は血行が良くなりすぎて、かゆくなったりしちゃうからね!

そういえば過去にそんな体験があります。寒いとつい長湯をしてしまいますが、肌にとってはあまりよろしくなかったのですね。

しっかりとケアをして、みずみずしい肌を取り戻そう

気を使っていても肌の水分量は、知らないうちに減っていきます。気づいたらしわやくすみだらけなんてことにならないように、日頃のスキンケアやバランスの良い食生活を心がけましょう。毎日コツコツと続けていたらきっと効果は出るはずです。乾燥に負けず、うるつやの美肌を作っていきましょう。

リオ博士。さっそく保湿ケアグッズを揃えてみました。

わあ!僕が気になっていたやつも入ってる!後で使わせて~♪

構いませんが、リオ博士。女子力全開ですね。