【やさしく解説】リコピンの効果は?効果・副作用・飲むタイミング・摂取方法を徹底解説

【やさしく解説】リコピンの効果は?効果・副作用・飲むタイミング・摂取方法を徹底解説

テレビや雑誌などのメディアでよく耳にするリコピン。しかし実際にどのような効果があるか詳しく知っている方は少ないと思います。今回はリコピンがもたらす効果についてまとめました。

 
 
こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。みなさんリコピンをご存知ですか?みなさん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?しかし、リコピンがどのような効果を持っているのか、ご存知の方は少ないかもしれません。今回はリコピンについて、効果や摂り方等をまとめました。
 

ようこちゃん、トマトは好き?

はい、好きですよ。

じゃあ、トマトに含まれているリコピンが持っているすごい効果知ってる?

リコピンって聞いたことはありますが、詳しくはわからないです・・・

知りたい?(ドヤ)

どんな効果があるんですか?ぜひ教えてください。

オッケー♪じゃあ特別に教えてあげるね!

よろしくお願いします。

リコピンとは?

リコピンとは、カロテノイド(黄、橙、赤色などを示す天然色素)の一種で、トマトやスイカに多く含まれている赤色の天然色素成分です。脂溶性の成分で熱にも強いのが特徴です。
 
また、ビタミンEの100倍以上といわれる強力な抗酸化作用をもち、体内で発生する活性酸素を除去する働きをします。活性酸素は通常は細菌やウイルスを攻撃する働きをもっていますが、生活習慣の乱れ、ストレス、喫煙、紫外線によって過剰に増加すると、体内のタンパク質や脂質、またDNAをも攻撃してしまい、その結果、老化や生活習慣病の原因になるといわれています。
 
リコピンがもつ抗酸化作用には、体内で過剰に増加した活性酸素を除去する働きがあるため、動脈硬化の予防血糖値の改善などの生活習慣病予防や美容効果などさまざまな効果が期待されています。
 

リコピンの嬉しい効果ベスト3

強い抗酸化作用を持ち、病気予防や美肌効果など、身体への様々な効果をもっているリコピン。では、具体的にどのような効果があるのか見ていきましょう。

1|活性酸素を除去!生活習慣病を予防

生活習慣病とは、その名の通り生活習慣が関与している病気の総称で、代表的な生活習慣病に、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症などがあります。生活習慣病の多くは体内で過剰に増加した活性酸素が起因しています。
 
たとえば、動脈硬化症は体内で過剰に発生した活性酸素が、血液中の悪玉(LDL)コレステロールを増加させることで血流が悪くなり、血栓を生成します。リコピンには強力な抗酸化作用があるため、生活習慣病の原因物質である活性酸素の過剰な増加を抑制してくれます。

2|細胞の代謝が活発に!肥満予防

リコピンが血流を改善すると、細胞の働きが活発になり、代謝が活性化します。代謝が活性化されると、食事で摂取した糖質や脂質が効率よくエネルギー変換され、消費されます。その結果、余分な脂肪が蓄積されにくい身体づくりができます。
 
また、リコピンが持つ抗酸化作用は、脂肪細胞の増加を防ぐという報告もあります。

3|肌のターンオーバーを促進!美肌効果

活性酸素が過剰に増加し肌細胞を攻撃すると、肌のターンオーバーが乱れます。肌のターンオーバーが乱れると、ハリやツヤが失われ、しわやたるみの原因になります。また、活性酸素はシミやくすみの原因となるメラニン色素の生成も促します。
 
リコピンの抗酸化作用には、活性酸素を除去し、肌のターンオーバーを正常化する働きがあるため、肌本来のハリツヤを維持することができます。
 

リコピンの効果まとめ

  • 生活習慣病予防
  • 肥満予防
  • 美肌効果

 

すごい!!こんなにたくさんの効果があるんですね。

ふっふっふー♪すごいよねー♪具体的な症状別にも見てみようか

はい!!

こんな症状や悩みに効果あり!リコピンを取ったほうがいい人

リコピンの効果は上記で説明しました。では、実際にどのような人がリコピンを摂ると効果が期待できるのでしょうか?

1|食生活が不規則、生活習慣病や肥満が気になる方

乱れた食生活は体内の活性酸素を過剰に増加させ、場合によっては重篤な病気を引き起こす危険もあります
 
リコピンには活性酸素を除去する強力な抗酸化作用があります。血流を改善し、体内の細胞を活性化する働きがあるため、代謝が高まり、脂肪の蓄積を抑えてくれます。

2|コレステロール値が気になる方

コレステロールは、コレステロールを全身の細胞に運ぶ悪玉(LDL)コレステロールと、細胞で余ったコレステロールを回収する善玉(HDL)コレステロールとで構成されています。コレステロール値が高いと動脈硬化症や脳梗塞のリスクが高くなります
 
リコピンには善玉(HDL)コレステロールを増やす働きがあるため、血中コレステロール値を正常にコントロールしてくれます。 

3|肌のハリツヤを取り戻したい方

体内で活性酸素が過剰に増加すると肌のターンオーバーが乱れたり、メラニン色素を生成し、肌の老化を促進させます。強力な抗酸化作用をもつリコピンを摂取することで、体内の活性酸素を除去し、肌本来のみずみずしさを取り戻します。
 
また、肌のリコピン濃度が高い人ほど、シワが少なく肌のキメが細かいという研究報告もあります。
 

博士、でも副作用ってないんですか?

そうだね、副作用についても説明しとかなきゃね♪

リコピンの副作用はあるの?

リコピンは、トマトやスイカなどの食品から摂取する場合、副作用はほとんどといわれています。しかし、サプリメントのように成分が凝縮されたものは、科学的なデータが不十分なのが現状であり、具体的な副作用は分かっていません。また、薬との相互作用も現段階では判明していません。
 

リコピンは食品から摂る場合は大丈夫なんだけど、サプリメントなどから摂る場合は、用法・用量を守ることが大切だね

なるほど!覚えておく必要がありますね

 

リコピンの飲むタイミングと飲み方

リコピンの効果をより効果的に引き出すタイミングや摂り方はあるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

1|飲むタイミング

リコピンを摂るタイミングは、求める効果によって異なります。
 

  • 美肌効果を期待するなら「朝」

カゴメの研究により、リコピンの吸収率が最も高いのはということがわかりました。リコピンが持つ強い抗酸化作用で、日中の紫外線によるメラニン生成を抑制し、活性酸素から肌を守ってくれます
 

  • ダイエット効果を期待するなら「夜」

リコピンには成長ホルモンを分泌させる働きがあります。成長ホルモンは代謝を上げて脂肪を燃焼させる働きがあります。夜にリコピンを摂取することで、より高い効果が期待できます。

2|飲み方

リコピンは脂溶性の成分で熱にも強い特徴があるため、食品で摂る場合はソテーしたり、ドレッシングをかけるなど、油と一緒に摂取することで吸収率が上がります。サプリメントなどで摂取する場合はビタミンEと一緒に摂ると吸収率が上がります。
 

リコピンを効率よく摂取する方法

リコピンの1日の接種目安量は15mg~20mgとされています。強い抗酸化作用によりさまざまな効果が期待できるリコピン。ではリコピンを効率よく摂取する方法はあるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

1|サプリメントで摂取する

リコピンはトマトやスイカ、ピンクグレープフルーツなどの食品に多く含まれていますが、毎日継続して食べ続けるのは難しい方もいらっしゃるでしょう。リコピン配合のサプリメントは数多く販売されており、ドラッグストアや通販などで手軽に購入できます。手軽に継続して摂取したいという方におすすめです。

2|食品で摂取する

リコピンを多く含む食品にトマト、スイカ、ピンクグレープフルーツなどがあります。1日15mg~20mgのリコピンを摂取するためには、トマトなら2個、ミニトマトであれば20個、ケチャップなら大さじ5杯程度です。
 
リコピンは油に溶けやすい脂溶性の成分のため、油と一緒に摂ると吸収率が上がります。たとえば、トマトにドレッシングをかけて食べるなどがおすすめです。また、毎日手軽に摂る方法としてトマトジュースがあり、トマトジュース1缶で1日の目安量が摂取できます

3|基礎化粧品で摂取する

リコピンの美容効果については上記で説明してきましたが、リコピンの性質は不安定だったため、化粧品への配合が難しいといわれてきました。しかし、最近ではリコピンをナノ化することで化粧品への配合が可能となり、リコピン成分配合の化粧品も販売されています。
 

食品やサプリメントで内側から、化粧品を使って外側から、ダブルで効果ありそうですね♪

そうだね、上手に摂取することで効果が期待できるんだよ

 

リコピンの持つ効果の総まとめ

いかがでしたか?トマトやスイカといった身近な食材に多く含まれているリコピン。強い抗酸化作用があるので、生活習慣病予防や肥満予防、さらには美肌効果も期待できます。リコピンは食品からも手軽に摂れるほか、サプリメントや化粧品なども販売されているので、毎日上手に摂取して健康な身体づくりをしましょう。
 
 

ようこちゃん、どう?リコピンはすごい効果を持っているでしょう?

博士!リコピンってすごいですね。私も毎日摂取して健康作りがんばります。

自分に合った摂り方で上手に摂取してね

はい。