ニキビの原因は脂肪?ニキビからでる白い物体やニキビが悪化する原因を解説!

ニキビの原因は脂肪?ニキビからでる白い物体やニキビが悪化する原因を解説!

みなさん、ニキビの正体が何かご存知でしょうか?ニキビが出来てしまうとつい潰したくなってしまい、実際に潰してしまったなんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。その際に出てくる白い塊...脂肪のように見えますが、実は別のものだったのです!今回は、ニキビが出来てしまう原因が脂肪によるものなのかという点についてご紹介していきながら、ニキビを悪化させてしまう原因まで突き止めていきます。

 

ニキビの原因って脂肪!?ニキビの原因を解説

いつの間にかニキビが出来てる…なんて経験をした方も少なくはないですよね。では、ニキビの原因とは一体何なのでしょうか?

1|毛穴の詰まり

まず第一に考えられる原因が毛穴の詰まりです。毎日洗顔をしていたとしても、綺麗に汚れが落としきれていなかったり、不十分なメイク落としなどによって汚れが溜まってしまいます。その結果毛穴が詰まり、ニキビとなってしまうのです。

2|皮脂の過剰分泌

ニキビは、皮脂の過剰分泌によっても出来てしまいます。特に10代の方に出来るニキビは思春期ニキビと言われていて、皮脂の分泌が活発なことによって出来やすいです。乾燥肌になりやすい30代以降の方でも、オイリー肌であることによってニキビが出来てしまう可能性がありますよ。

3|アクネ菌の繁殖

お肌には約28日間という周期で、ターンオーバーという生まれ変わりサイクルがあります。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによってターンオーバーが正常に行われなくなると、不要な皮脂などが体外へと排出されずに毛穴の詰まりの原因となってしまいます。毛穴が詰まった状態が続くと、皮脂を栄養源としているアクネ菌が必要以上に繁殖してしまい、炎症を起こしてニキビとなるのです。

ニキビの原因はこれ!

  • 不十分な洗顔などによる毛穴の詰まり
  • 思春期やオイリー肌の方に見られる皮脂の過剰分泌
  • 毛穴の詰まりによるアクネ菌の繁殖

 

ニキビから白いものが出てきた…これって脂肪?

ニキビが気になってしまい、つい潰したくなってしまいますよね。実際に潰してしまった際、白い塊が出てきた…なんて経験はありませんか?実は、この白い塊の正体は皮脂なんです。炎症が起こって膿が溜まっている状態のニキビにも、皮脂が溜まっています。つまり、ニキビの芯は皮脂ということになります。

ニキビを悪化させる原因

ニキビを治そうと色んな方法を試してみても、逆に悪化させてしまったりする事もありますよね。では、なぜニキビを悪化させてしまうのでしょうか?その原因をご紹介いたします。

1|NGな洗顔方法の継続

お肌の汚れを落とすためにも、毎日の洗顔は欠かせないものです。しかし、洗顔の仕方によっては逆にニキビを悪化させてしまう場合があります。

まずご紹介するNGな洗顔方法は、スクラブ入りの洗顔料で毎日顔を洗うことです。スクラブ入りの洗顔料を使うことによって、洗い上がりがサッパリして気持ちが良いですが、特にニキビができている時の使用はNGです。

また、一時期話題となった毛穴ブラシ(洗顔ブラシ)を使っての洗顔もNG行為の1つです。確かに毛穴の汚れは落ちますが、洗い過ぎることによって乾燥肌を引き起こして、ニキビを悪化させてしまいます。

2|生活習慣の乱れ

そもそもニキビが出来るのは、睡眠不足や脂質の多い食事の摂り過ぎなどといった生活習慣の乱れが原因である場合があります。ニキビが出来てしまってからも、疲れが取れない生活を続けていたり、ストレスを溜め込んだままの状態が続いているとニキビ悪化の原因となってしまいます。

3|油脂成分の多いスキンケア商品の使用

ニキビが出来るのは、皮脂の過剰分泌だけが原因ではありません。乾燥肌であることによってもニキビが出来やすい状態となってしまうのですが、乾燥肌を防ぐためのスキンケアの仕方にも注意が必要です。

洗顔後のスキンケアと言えば、化粧水・乳液・バニシングクリームなどがありますよね。これらには油脂成分が多く含まれているものがあり、ニキビが出来ているお肌に使用してしまうと悪化の原因となります。また、合成界面活性剤が入っていない物を選ぶのも大切です。

ニキビがないつるつる肌に!ニキビ予防策

ニキビが出来てしまうと、後にニキビ跡にも悩んでしまうことがありますよね。ニキビ跡に悩まないためにも、そもそもニキビが出来ないお肌でありたいと多くの方が望んでいる事でしょう。そこで、ニキビ予防策をご紹介いたします。

1|丁寧なスキンケアをする

1日に2回、刺激の少ない洗顔料をよく泡立てて優しく顔を洗いましょう。洗い終わった後はすすぎ残しのないようにぬるま湯でしっかりと洗い流してください。また、スクラブ入りの洗顔料など刺激の強いものでゴシゴシ洗うとニキビの悪化に繋がるので極力避けるようにしましょうね。タオルで顔を拭く際も、お肌を擦らずに拭き取るようにしましょう。

2|十分な睡眠時間をとる

皮膚を回復させる成長ホルモンは、寝ている間に分泌されます。そのため、睡眠時間が不十分であるとニキビが出来やすいお肌になってしまうのです。また、疲れやストレスを溜め込んでしまうこともニキビが出来る原因となるので、十分な睡眠時間を確保して疲れを取るように心掛けましょう。

3|栄養バランスの取れた食事をする

朝食を抜いたり、ダイエットによって偏った食事をしているのもお肌に良くありません。また、脂っこいものばかり食べるのもニキビが出来る原因となります。1日3食栄養バランスの取れた食事をしっかり取るようにするのもニキビ予防策となりますよ。さらに、ビタミンを摂取するのもニキビ予防に役立ちます。

ニキビができにくい肌にする方法!

  • 刺激の少ない洗顔料で丁寧なスキンケアをする
  • 十分な睡眠時間を確保して疲れを取る
  • 栄養バランスが取れた食事を3食しっかり食べる

 

生活習慣を見直してニキビのない綺麗なお肌に!

日々のスキンケアによってニキビ予防をするのも大切ですが、生活習慣を見直すことも忘れてはいけません。健康な身体を保つことがニキビが出来にくいお肌を作りあげる基盤ともなるので、十分な睡眠や栄養バランスの取れた食事をするなど、日頃から健康的な生活を送ってニキビのない綺麗なお肌をゲットしましょう。