春に気をつけたいニキビの対処方法とは?新しいニキビを作らないための予防方法までとことん解説

春に気をつけたいニキビの対処方法とは?新しいニキビを作らないための予防方法までとことん解説

なぜか春になると、にきびができやすいと悩んだ経験はありませんか?春にできるにきびには、花粉や乾燥、ストレス、食生活といった様々な原因が絡み合って発生しています。今回は、春のにきびの原因と対策について説明します。春に悩まないように今から対策を行っていきましょう!

こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。
春にできるにきびには、実は原因があるということは知っていますか?毎日変わらない生活をしていても、季節が変わるだけで発生するリスクは高くなります。なぜ、春になるとにきびができやすくなるのかを、今回は詳しく説明していきます!また、対処方法、予防方法についても説明していきます!

ようこちゃん!おはよう!今日は雰囲気を変えて、前髪をあげたんだぁ~♪

おはようございます。いいですね。

ようこちゃんもやろうよ~!

実は、にきびが出来ていて顔を隠しているんです。

そうなんだ!なんで、にきびができたの?

わかりません。普段と同じ生活をしていたんですが。

そうなんだ!じゃあ、にきびができる原因と予防方法について勉強してみようか!

よろしくお願い致します。

春にできるニキビの原因ってなに?

春には、花粉・紫外線・チリ・ホコリといった外的刺激が多く存在、これらが肌に直接触れることによって肌はダメージを受けてしまいます。ダメージを受け、肌のバリア機能が低下することによって敏感肌になるのです。

また、新年度や就職などといった環境の変化に伴う、緊張やストレスの増加は交感神経を活発にします。交感神経の活発化不眠ホルモンバランスの乱れを引き起こします。特に、男性ホルモンの増加は、皮脂の分泌が増加し毛穴が詰まりやすくなり、にきびの発生リスクが高まるとされています。

肌へのダメージとストレスが関係しているんですね。

春に気をつけたいニキビの対処方法とは?

花粉などの外的刺激やホルモンバランスの乱れが関係している、春のにきびですが、どのように対処すればよいのでしょうか。3つのポイントに絞って説明していきます。

1|外的刺激を防ぐ

フェイスパウダー等で肌をカバーすることで、肌に花粉やチリ、ホコリなど直接触れることを防ぐことができます。ストールやマスクを使用することでも同様に肌にバリアを作ることができます。また、外出先などで花粉を持ちかえってしまったときには、ぬるま湯などで顔を洗うとよいでしょう。

2|乾燥肌を防ぐ

肌が乾燥することは、皮脂量の増加を招きます。肌の生まれ変わりのターンオーバーを妨げてしまうことにつながるため、洗顔後に化粧水や乳液で丁寧に保湿を行うことが大切です。日々の丁寧なスキンケアで、にきびの発生する原因である、乾燥・皮脂の増加防ぎましょう。

3|ストレスを溜め込まない

緊張やストレスの増加は、ホルモンバランスの乱れを引き起こし、皮脂量の増加を招きます。皮脂の増加は毛穴のつまり、にきびの発生リスクを高めます。日常から、リラックスすることを心がけ、ストレスを緩和することが大切です。

毎日の習慣で、春のにきびは予防できるんだよぉ~!

そうですね。

 

春のニキビの対処法まとめ

  • フェイスパウダー、ストール、マスクで肌にバリアを作る。
  • 化粧水、乳液での丁寧な保湿を心がける。
  • 自分に合った、リラックス方法を探す。

 

新しいニキビを作らないためにやりたい予防法3つ

にきびを作らないようにするためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?食事と生活面から説明していきます。

1|バランスの良い食事を心がける

脂質や糖質の取りすぎは、ビタミンの不足へとつながります。特にビタミンB2、ビタミンB6は皮脂の分泌を適正に保つ働きがあるので、不足しないように心がけましょう。過度なダイエットによる脂質、糖質の不足は肌に十分な栄養を送ることができず、こちらもにきびの発生につながります。

2|たっぷりの睡眠と規則正しい生活を

私たちの肌は、寝ているあいだに活性化し、新しい肌を作っているいわれています。睡眠を十分に摂ることで肌細胞を活性化させ、肌の生まれ変わりを促進させることができます。また、体の疲れを取る、ストレス軽減、ホルモンバランスの適正化にもなり、体の内側からにきびを予防することができます。

3|適切な洗顔を

丁寧な洗顔を行うことで、肌を守ることができますが、回数を増やすだけでは乾燥を招いてしまう点に注意が必要です。顔をごしごしとこする洗顔を行うと、肌への刺激となり、乾燥、敏感肌へとなるのでやさしく洗顔を行うことが大切です。自分の皮脂、水分量に合わせ洗顔を行い、洗顔石鹸を選択する事がおすすめです。

ビタミンを含めた、バランスの良い食生活が基本だよっ!

身体の内側からニキビを改善!摂取するべき栄養素とは?


にきびを作らないためにも、ビタミンB2、B6が不足しないようにすることが大切ですが、ほかの栄養素などはどのように摂取すれば効率的にニキビを改善できるのでしょうか。そこで、ニキビに効果的な多くの栄養素が含まれる食材も含めて説明していきます。

1|ビタミン

ビタミンの中でも、ビタミンB2、B6が不足すると皮脂が増加し、にきびができやすくなります。コラーゲンの生成に働くビタミンCは、不足することで肌のターンオーバーが乱れ、肌のトラブルを引き起こしやすくなります。

ビタミンB2を多く含む食品

  • 牛乳
  • 納豆

ビタミンCを多く含む食品

  • 赤ピーマン
  • バナナ
  • ブロッコリー

2|タンパク質

たんぱく質は、肌の保湿やハリなどに関与するコラーゲンを作ります。そのため、肉や魚、卵、大豆製品といったたんぱく質を豊富に含む食品の摂取不足は、コラーゲンを減少させ、乾燥肌や女性ホルモン産生低下に伴うホルモンバランスの乱れを招きます。肌の新陳代謝を高めるためにも、摂取を心がけましょう。

3|サプリメントで栄養素を効率よく摂取する

ビタミンB群やビタミンCは体内に溜めておくことのできない栄養素です。そのため、より吸収の早いサプリメントを上手に使用することで手軽に不足を防ぐことができます。

また、通常の食事では不足しやすい亜鉛は不足することで、ターンオーバーが乱れ、肌トラブルが発生します。亜鉛を含む食品は少ないため、サプリメントを上手に活用し、摂取することを心がけましょう。

ビタミンCは、亜鉛の吸収を促進してくれるんだよっ!

では、どちらも不足しないようにしたいです。

にきびのない肌で、春を過ごしましょう!

春のにきびには、乾燥やストレスが大きく関与していることが分かりました。ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、亜鉛を効率よく摂取することで内側からにきびを防ぐことができます。サプリメントも活用しながら、不足しないように心がけましょう!また、自分に合った洗顔とリラックス方法を探し、春のにきびを対処しましょう!

内側からも外側からも、にきびを予防して綺麗になりましょう!

今日は、納豆オムレツを食べることにします。

いいねぇ~♪だけど、肌のスキンケアも忘れずにねっ!

はい。自分に合った洗顔を探します。