【コラーゲンで美肌生活】お肌に効果的な摂取方法を分かりやすく説明

【コラーゲンで美肌生活】お肌に効果的な摂取方法を分かりやすく説明

コラーゲンが美肌に効果があることはよく知られています。コラーゲンを配合した化粧品やサプリメントもたくさん売られています。ではどうしてコラーゲンが肌によいのでしょうか?コラーゲンの働きと、効果的な摂り方について紹介します。

こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。
コラーゲンが肌にいいということは、みなさんご存知だと思います。コラーゲンが含まれているサプリメントやドリンク、化粧品もたくさんありますが、本当に美肌に効果があるのでしょうか?今回は、美肌に効くコラーゲンの摂り方について紹介します。

ようこちゃん、おはよう。朝から何を食べてるの?

コーヒーゼリーです。ゼリーからコラーゲンが摂れるんですよね?これから毎日ゼリーを食べて、コラーゲンで美肌を目指そうと思って…。リオ博士もいかがですか?

ありがとう!確かにゼラチンにはコラーゲンが含まれているし、美肌のためにはいいことだと思うよ!だけど、食べたコラーゲンがそのまま肌に吸収されるわけじゃないんだよ!

えっ?そうなんですか!

じゃあ、美肌に効果的なコラーゲンの摂り方について説明しよう!

そもそもコラーゲンと肌の関係性は?


じつはコラーゲンは肌だけではなく、骨や内臓、血管など全身でいろいろな役割を果たしています。体内に存在するコラーゲンの種類や働きについてはまだ解明されていないことも多くありますが、皮膚に存在するコラーゲンは9種類で、そのうちⅠ型、Ⅳ型、Ⅶ型という3種類のコラーゲンは、肌のハリや弾力を保つために必ず必要なものであることがわかっています。

特にⅣ型、Ⅶ型コラーゲンは、皮膚の基底膜という膜の近くで正しい構造で存在することが、肌のハリや弾力を維持するためにとても大切だといわれています。

体内のコラーゲンは年齢とともに減少していき、体内でコラーゲンを作り出す機能も低下していきます。コラーゲンを体の外から補うため、食品やサプリメントについての研究が進められてきましたが、現在は体内でコラーゲンを生み出す力を高めるような研究も始められています。

コラーゲンは、肌にだけ必要なものではないんですね。

そうだよ!関節や腱、爪や髪なんかにも大切な成分なんだ!

爪や髪もですか!知りませんでした。

コラーゲンが美肌に効果的な3つの理由

肌のなかでコラーゲンは、表皮の下の真皮に存在します。コラーゲンが美肌に効くといわれる理由は何でしょうか?

1|保湿効果

コラーゲンはその構造から、コラーゲン自身が水分を抱え込む保水力があります。コラーゲンは分子が大きいため、コラーゲンの入った化粧品を使用した場合も直接真皮まで浸透することはありません。しかし水分をたっぷり含んだコラーゲンが角質層でとどまることで、高い保湿効果が得られます。

2|ハリ・たるみ改善

コラーゲンは肌の表皮の下の真皮の部分に存在して、セラミドやヒアルロン酸と一緒にバネのような働きで真皮層を支えています。しかし、加齢などによってコラーゲンを新しく合成する能力が衰えると、しわやたるみの原因となってしまいます。真皮でコラーゲンの合成が活発に行われることで、肌のハリを保つことができます。

3|肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す

コラーゲンは真皮の約70%を占めています。真皮でコラーゲンの分解と合成が活発に行われることで、表皮の古い角質が押し出され、肌の新陳代謝がスムーズになります。

コラーゲンが美肌に効果的な3つの理由

  • コラーゲンには高い保水力があります。
  • コラーゲンのバネのような働きが、肌のハリを支えます。
  • コラーゲンの活発な分解・合成が新陳代謝を促します。

 

コラーゲンは肌のハリや潤いを保つために欠かせないね!

はい。コラーゲンでゼリーのようなプルプルの肌になりたいです!

次は、コラーゲンを有効に働かせるために大切なことを説明するよ!

コラーゲンを摂取しても美肌にならない原因

意識的にコラーゲンを含む食品を食べても効果が実感できないとき、その原因はどのようなことが考えられるのでしょうか?

1|糖質を多く摂取している

血液中の余分な糖とコラーゲン(たんぱく質)が結合すると、糖化という現象によってAGEという物質が作られます。このAGEは肌の老化を促進させます。血糖値の高い状態が続くことで体内で糖化が進みやすくなりAGEが増えてしまう可能性があるため、習慣的に糖質を多く摂っている場合は食生活を見直してみる必要があるかもしれません。

2|アミノ酸が足りない

コラーゲンはたんぱく質です。たんぱく質の構成成分はアミノ酸です。ということは、コラーゲンもアミノ酸から作られるということです。体内でコラーゲンの合成を促進するためには、十分なアミノ酸摂取が必要ということなのです。

アミノ酸は体内で作ることができる「非必須アミノ酸」と、体内では作ることができない「必須アミノ酸」があるので、必須アミノ酸は食事から摂ることが必要です。

3|紫外線を浴びている

皮膚が紫外線を受けると、いろいろな分解酵素を生成します。この分解酵素によってコラーゲンも分解されてしまいます。紫外線の影響が一次的なものであれば皮膚は修復されますが、継続的に紫外線を浴びているとコラーゲンの分解が続くことになります。

夏だけでなく1年を通して顔の皮膚は紫外線を浴び続けているため、加齢とともにしわやたるみの原因となってしまいます。美肌を保つためには、若いころから日焼け止めで紫外線から肌を守ることが大切です。

必須アミノ酸を摂るには何を食べればよいのですか?

必須アミノ酸は9種類あるよ!9種類をバランスよく摂ることが大切なんだ!必須アミノ酸は肉や魚、卵や乳製品といった動物性の食品に多く含まれているよ!

食事のメインになるような食材ですね。しっかり食べるとカロリーが気になりますが…。

肉や魚は種類や部位を変えたり、調理法を工夫することでカロリーは減らせるよ!卵には必須アミノ酸がバランスよく含まれているんだ!食事に上手く取り入れてね!

コラーゲンの美容成分を効率よく摂取する方法


コラーゲンを体内に取り入れるには、いくつかの方法があります。

1|サプリメントでコラーゲン・アミノ酸を摂取する

コラーゲンのサプリメントには数多くの商品があります。形状も錠剤やパウダー、ドリンクタイプなどさまざまなので、自分に合ったものを選びましょう。

効果的に摂るためには、毎日継続することが大切です。一日に飲む回数や量など、無理なく続けられるものを選びましょう。夜寝る前に飲むのが効果的といえますが、飲み忘れないようなタイミングを選んで飲むようにしましょう。

2|食品でコラーゲンを摂取する

コラーゲンを豊富に含む食品には、豚骨、鶏の手羽先、軟骨、牛すじなどの動物性食品や、フカヒレ、スッポン、カレイ、クラゲなどの海洋性食品があります。これらは煮込んだ後、冷めるとにこごりができることが特徴といえます。にこごりのなかにはコラーゲンがたくさん含まれているため、煮込んだ汁も一緒に食べられるような調理法が適しているといえます。

3|基礎化粧品でコラーゲンを摂取する

コラーゲンは分子が大きいため、化粧品から皮膚を浸透して直接真皮に届くことはありません。しかし肌の表面である角質層の上で、水分を保持する働きがあります。さらにコラーゲンは、滑らかさと弾力を合わせ持った粘弾性体なので、保湿の効果はとても高く効果的といえます。

4|美容外科でコラーゲンを摂取する

肌のしわやたるみの部分に直接コラーゲンを注入することで、メスを入れずにしわやたるみの改善ができます。効果は個人差がありますが、半年から一年続きます。注入するコラーゲンの種類などによって、事前にアレルギーテストなどが必要な場合がありますが、注入後は体内のコラーゲンと結合するため、違和感なくしわやたるみの改善ができます。

以前は、コラーゲンを食べても「吸収されないから意味がない」といわれたことがあったんだ!

そうなんですか!

でも今は研究が進んで、食べたコラーゲンはいったん体内でアミノ酸に分解されるけど、また生まれ変わって働くことがわかってきたんだよ!

やっぱり、ゼリーは毎日食べた方がいいですね♪

でも、甘いゼリーの食べ過ぎには気をつけてね。太っちゃうよ!

コラーゲンにはまだ謎が多い

コラーゲンの肌への効果は、まだ解明されていないことが多くあります。しかし確実に研究は進んでいて、コラーゲンを摂取することも、コラーゲンを配合した化粧品も、美肌のために効果があることは確かです。今後の研究によってもっと効率のよいコラーゲンの摂取方法や、新しいサプリメント、化粧品などが開発されることが期待できます。

コラーゲンの効果的な摂り方がわかったかな?自分にあった方法をみつけてね♪

はい。美肌のために、毎日継続します。