コエンザイムq10には副作用がある?摂取方法とあわせてチェック

コエンザイムq10には副作用がある?摂取方法とあわせてチェック

疲れやすい、シミやたるみなど歳を重ねるたびに、体も肌も元気がなくなっていませんか?今回はコエンザイムq10の効果について紹介していきます。上手に生活に取り入れて、あの頃のお肌に若返らせましょう!

 
 
こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です!いつも元気な人って素敵ですよね。
今回は体を内側から健康になるのに効果的なコエンザイムq10について紹介していきます。
 

はぁ…。

ようこちゃん!どうしたの!?

お肌の調子がよくなくて困っているんです。

それはきっと、コエンザイムq10が足りてないのかもしれないよ!

コエンザイムq10ですか?

そうそう!

今日はお肌の調子を整えてくれるコエンザイムq10について紹介していくよ♪
 

コエンザイムq10に副作用はある?

体にとって良い効果をもたらすコエンザイムqにも、 副作用はあります。たくさん摂りすぎてしまうと、めまいやむくみ食欲減退などの症状が報告されています。
 
死に至るものは報告されていませんが、健康に良いからと摂りすぎには注意が必要ですね。1度にたくさん飲んでも一気に効果が出るものではありません。
 

そうそう!摂りすぎには注意しようね!

よくばらず、コツコツとですね。

コエンザイムq10を効率よく摂取する方法

コエンザイムq10は普段の食品からハンドクリームなどのケア商品までさまざまなものから摂ることができます。いくつか方法を説明していくので、自分に合ったものを見つけてくださいね。

1|サプリメントでコエンザイムq10を摂取する

コエンザイムq10はビタミンに似た物質で、体でも作られます。コエンザイムq10には2種類あり、酸化型還元型で、体で作られるのは還元型コエンザイムq10です。酸化型コエンザイムq10は、体の中で還元型コエンザイムq10に変わることで、はじめて効果を発揮するのです。
 
また、ストレスや加齢は、酸化型コエンザイムq10から還元型コエンザイムq10になるときの妨げになるので、効率よく摂取するなら還元型コエンザイムq10のサプリメントがおすすめです。
 

サプリメントを利用するときにはどっちのコエンザイムq10かよく見てみよう!

大事な栄養が使われずに外に出されるのはもったいないですね。

 
 

2|食品でコエンザイムq10を摂取する

コエンザイムq10は魚類(イワシ、サバ、ブリ)、肉類(牛肉、豚肉、鶏肉)、野菜(ホウレンソウ、ブロッコリー)などさまざまな食品に含まれています。コエンザイムq10の1日の摂取量は100~300mg/日と決められているのですが…。
 
1日100㎎摂るとすると、イワシ(1匹100g):16匹、牛肉:3㎏も食べなければ摂取量には追い付きません。余分な脂やカロリーも摂ってしまうので、毎日摂り続けるのは不可能といえます。
普段の食事からは摂れるのは5㎎/日ほどなので、不足分はサプリメントで補っていくのがよいでしょう。
 

食事から頑張って取るのは大変なんだ!

 
 
 

3|基礎化粧品でコエンザイムq10を摂取する

お肌の調子がよくないときには基礎化粧品からコエンザイムq10を補ってみましょう。直接肌に浸透していく化粧品は、早く効果が得たいときにぴったりです。のちほど効果についても紹介していきますのでご覧ください。
 

コエンザイムq10の代表的な効果ベスト3

さまざまなものに入っているコエンザイムq10ですが、どんな効果があるのでしょう?ここでは、代表的な疲労回復、抗酸化作用、美肌効果について紹介していきます。

お肌だけじゃなくて、疲れにも効くんだよ!それじゃあ説明していくね!

お願いします。

 

1|疲労回復

体で作られるコエンザイムq10は20歳をピークに40歳から減していくことが分かっています。
不足しているということは、代謝が落ちているということです。つまり、疲れやすく太りやすくなっている状態なのです。。
 
年齢とともに疲れやすくなっていませんか?もしかして、コエンザイムq10が不足しているかもしれません。若々しい体を保つために取り入れていきたい栄養ですね。
 

2|抗酸化作用

活性酸素は体にサビを作る物質です。これが細胞にダメージを与え、体に衰えさせる原因になるのです。
コエンザイムq10には強い抗酸化作用が認められています。積極的に摂取することで、体を若々しく保ち、病気のリスクも下げることが期待できるでしょう。
 

3|美肌効果

先に述べた活性酸素はお肌にも影響し、シミたるみを引き起こす要因ともいえます。抗酸化作用のあるコエンザイムq10は、体を内側と外側からきれいにしてくれるアンチエイジングの効果を発揮してくれます。
 
代謝アップ効果もあるため、肌のターンオーバーを早めくすみを軽減し、若々しい肌が戻ってくるのはうれしいですね。
 
 

コエンザイムq10が美肌に効果的な3つの理由

  • 抗酸化作用による体のサビの除去
  • 代謝アップによる肌のターンオーバーを早める
  • 内側からも外側からもきれいにしてくれる

 
 
 

なるほど、これならお肌の調子も戻ってきそうです。

ようこちゃんがんばって!ぴちぴちの肌を取り戻そう!

 

こんな時にはコエンザイムq10が効果的!症状別に使い所を解説

主な効果をお伝えしましたが、いくら体にいいものとはいえ、大量に摂っていいものでもありません。ここでは摂るタイミングや副作用について説明していきます。
 

1|最近疲れやすいかもと感じたとき

人間の代謝機能というのは、細胞内に存在するミトコンドリアによって行われます。このミトコンドリアに元気がないと、エネルギーがうまく作られず、代謝機能が衰えてしまいます。。コエンザイムq10はエネルギー代謝を助ける働きがありますが、20歳をピークに以後、働きが衰えていき、疲れやすい、痩せにくい体になっていきます。ミトコンドリアを元気にし、疲労回復力のアップさせ、疲れを感じさせない体づくりをしていきましょう。
 

コエンザイムq10を摂るとミトコンドリアが元気になるよ!そ うすると、エネルギー代謝がぐんとアップするんだ!

 

2|お肌の調子が悪いとき

シミ、たるみ以外にも日焼けで肌にダメージを負ったときにもコエンザイムq10の出番です。肌のターンオーバーを早め細胞の修復をしてくれます。コエンザイムq10が配合された日焼け止めクリームも市販されているので使ってみるのもいいでしょう。また化粧水は、肌に直接浸透していくため早く効果が見られるでしょう。
 

3|摂りすぎに注意!

体にいいといっても摂りすぎに注意です。摂取量は100㎎~300㎎/日と定められており、摂りすぎには副作用もあります。その副作用とは、むくみ、めまい、頭痛、倦怠感などで、重篤なものはありませんが、サプリメントなら量を守って摂ることをおすすめします。
 
また、十分な栄養調査が行われていないため、妊婦や授乳中の方は控えるようにしましょう。
 

うれしい効果もある反面、副作用もあるのですね。

コエンザイムq10を上手に摂取してハリと弾力のあるツヤ肌を目指そう!

今回は体を若返らせるコエンザイムq10についてお伝えしました。加齢とともに減少するコエンザイムq10を積極的に補っていきましょう。体の内側も外側もきれいにハリと弾力のあるツヤ肌を目指しましょう。
 

サプリメントに化粧品に食事に…。リオ博士。早速ドラッグストアへ行ってきます。

ようこちゃん、積極的なのはいいけど摂りすぎには注意だからね!