鼻や顎の毛穴にコラーゲンって効果あるの?毛穴とコラーゲンの関係を徹底解説

鼻や顎の毛穴にコラーゲンって効果あるの?毛穴とコラーゲンの関係を徹底解説

鼻や顎にできてしまったぱっくり開いた大きな毛穴や黒ずみ毛穴…一度できるとケアするのが大変ですよね。メイクで隠しても、夕方には毛穴落ちして余計目立ってしまった…なんて経験はありませんか?そんな多くの女性を悩ませる毛穴問題を解決してくれるのが、コラーゲンなんです!コラーゲンはうるおいのある美肌になるために欠かせませんが、なんと毛穴ケアにもぴったりな成分だったのです。そこで今回は、コラーゲンが毛穴トラブルの解消に効果的な理由や、コラーゲンの効果的な摂取方法について詳しくご紹介していきます。コラーゲンを上手に摂取して、毛穴レスの美肌を目指しましょう!

 
 

毛穴のケアにコラーゲンって効果あるの?

コラーゲンと聞くと、「うるおいのある肌になれる」というイメージがあるのではないでしょうか。しかし、コラーゲンの効果はそれだけではありません!コラーゲンはぶつぶつ毛穴や開ききったたるみ毛穴など、毛穴トラブルを解消してツヤツヤの美肌へと導いてくれる重要な成分なのです。
コラーゲンはたんぱく質の一種で、私たちの体内のあらゆる組織に存在します。なんとその量は体重の1/15を占め、体内の60兆個もの細胞ひとつひとつの細胞間に存在して組織を作っています。それだけではなく、コラーゲンは肌や骨、爪や毛髪など、私たちの身体の一部を作る重要な役割も担っているのです。
 
つまり、体内の組織構成に欠かせないコラーゲンを摂取することで、毛穴の悩みを身体の内側から解消することができるのです!

コラーゲンが毛穴ケアに効果のある理由

それでは、コラーゲンがどうして毛穴のケアに効果的なのかについて詳しく見ていきましょう。コラーゲンの性質についてしっかり理解して、コラーゲンを毛穴ケアに役立ててくださいね!

肌を引き締める

コラーゲンは肌の奥の真皮層で網目のように張り巡らされています。この網がピンと張っていれば肌のハリや弾力を保てますが、コラーゲンが減少すると網目がたるんで、結果的に肌も一緒にたるみ毛穴の開きに繋がってしまいます。コラーゲンをしっかりと摂取することで肌の内側の網がピンと張られた状態に保たれ、肌が引き締まると同時に開いた毛穴もきゅっと引き締めることができるのです!

肌にうるおいを与える

コラーゲンは肌の水分保持に欠かせない重要な成分です。肌の水分が不足して乾燥した状態だと、肌のキメが乱れて毛穴が開きがちになります。その結果、毛穴が大きく目立つようになってしまうのです。
コラーゲンには角質層まで水分を浸透させる効果と、水分を吸収して蓄える効果があります。この2つの効果が肌にうるおいを与えて乾燥を防いでくれるので、毛穴トラブルの解消にも効果的なのですよ。

肌のターンオーバーを整える

肌の生まれ変わり周期とも呼ばれるターンオーバーを促すことで、新しい健康な肌となって毛穴トラブルを解消することができます。実はこのターンオーバーを支えているのが、コラーゲンなんです。コラーゲンの網目の中にはヒアルロン酸が存在していています。ヒアルロン酸は保湿効果だけではなく、古い細胞をはがし落として新たな細胞を生み出すのに重要な成分。
このヒアルロン酸が含まれるコラーゲンを摂取することでターンオーバーが整い、肌の古い角質や細胞がなくなって新しい肌となり、毛穴をなくすことができるのです。

コラーゲンを効率よく摂取する方法

コラーゲンを摂取することで毛穴の悩みを解消できることが分かりましたが、実際にどのような方法でコラーゲンを摂取すれば毛穴に効果的なのでしょうか?

1|サプリメントでコラーゲンを取る

コラーゲンは体内で分解されてアミノ酸として吸収される性質があります。しかし、サプリメントに含まれるコラーゲンはアミノ酸としてだけでなく、コラーゲンとしての性質をそのまま持つ「コラーゲンペプチド」の状態でも吸収されることが最近の研究でも明らかになりました。
サプリメントであれば1日数粒で手軽にコラーゲンを摂取できるので、毎日が忙しく肌のケアができない人にもおすすめです。また、最近はコラーゲンと一緒に美容に効果的な成分が配合されたサプリメントも多く販売されているので、自分にぴったりな商品を見つけてみるのも良いですね。

2|食品でコラーゲンをを取る

食品によるコラーゲンの摂取も、簡単にコラーゲンを取り入れられるのでおすすめです。コラーゲンを豊富に含む食品は「動物性食品」と「海洋性食品」に分けられます。動物性食品は豚足や鶏の皮、軟骨や豚バラ肉に多く含まれます。一方海洋性食品はスッポンやフカヒレ、カレイやエビに多いです。また、ゼリーやプリン、杏仁豆腐といったゼラチンの含まれる食品もコラーゲンが豊富で日常でも取りやすいのでおすすめですよ!
ただし、コラーゲンだけに偏った食品ばかり食べると栄養バランスが崩れてしまう恐れがあるので、ビタミンやミネラルなど栄養バランスがとれた食事を心がけてくださいね。

3|基礎化粧品でコラーゲンを取る

基礎化粧品に配合されているコラーゲンは、特に肌のうるおいを保つ「保湿成分」に優れているものが多いです。角質層までうるおいをしっかり届けて肌にみずみずしさやハリを与えてくれるので、乾燥肌で悩んでいる方にもおすすめですよ。
基本的にこれらの化粧品に使われるコラーゲンは動物由来か魚由来のコラーゲンが一般的です。また、最近では肌の表面での保湿力が高い生コラーゲンや、コラーゲンの生成を助ける化粧品もあるので、色々探してみるのも良いですね。

3|美容外科でコラーゲンを取る

美容外科で使用されるコラーゲンは「アテロコラーゲン」と呼ばれ、注射によって摂取する場合がほとんどです。アテロコラーゲンは低温で不純物を取り除いて抽出しているので、高純度で美容効果も非常に高いコラーゲンなのです。また、アテロコラーゲンはアレルギーも起こしにくく安全性も高いこともポイント。
アテロコラーゲンは肌の中に入ると半年から1年程度留まって、毛穴だけでなくしわやたるみを改善してくれます。他の摂取方法と比べて値段が張ってしまいますが、効果は抜群!しっかり毛穴ケアしたい人におすすめの方法です。

目指せ毛穴0の肌!コラーゲン以外の毛穴ケア方法

コラーゲンを無理やり摂取しなくても、生活習慣を見直すことで毛穴トラブルを解消できる場合もあります。ここからは、今からでも簡単に実践できる毛穴ケアについてご紹介していきますよ!

ビタミンB群を摂取する

ビタミンは健康維持に良いとされていますが、特にビタミンB群は美容に良い成分が凝縮されているので毛穴ケアしたい方には積極的に摂ってほしい栄養素です。ビタミンB群の中でも毛穴ケアにおすすめなのがビタミンB2とビタミンB6です。
ビタミンB2は「発育のビタミン」とも呼ばれる栄養素で、脂質の代謝の他に肌トラブルの解消にもぴったり!豚レバーやうなぎ、卵や牛乳などの乳製品にも多く含まれます。ビタミンB6は肌代謝を活発にしてターンオーバーを促すため、キメの整った毛穴レスの肌にしてくれます。ビタミンB6はまぐろやかつお、さんまなどの魚介類やさつまいも、バナナにも多く含まれます。

洗い過ぎないスキンケアをする

毛穴をなんとかしようと過度に洗顔したりしていませんか?実はそれは逆効果なんです。洗い過ぎによって顔に必要な油分まで洗い流されて肌のバリア機能が低下し、乾燥や過剰な皮脂分泌を起こしてしまいます。その結果、ぱっくり開いた毛穴を生み出す原因となってしまうのです。
朝の洗顔はぬるま湯でくるくると指でなぞるように優しく洗うだけでOK。その後に化粧水でパッティングしてキレイに整えてあげましょう。夜の洗顔は洗顔料でしっかりとその日の汚れを落として、その後は保湿力のあるオイルを使うのもおすすめですよ。

紫外線対策を徹底する

肌が紫外線を浴びると、奥深くの真皮層にまでダメージが及びます。そうすると、肌のハリやうるおいを維持しているコラーゲンが破壊され、バリア機能が弱まり毛穴のたるみや開きといったトラブルを引き起こしてしまうのです。
紫外線は季節や気候を問わず、いついかなる時でも対策しておきたいものです。おすすめは保湿力のあるUV化粧下地を使うこと。紫外線をカットするだけではなく、保湿効果もあるので乾燥による毛穴の開きなども解消してくれますよ!
 

コラーゲンで毛穴レスのツヤツヤ美肌を目指そう♪

コラーゲンはぱっくり開いた毛穴を引き締めてくれるので、健康的でツヤとうるおいのあるキレイな肌には欠かせない成分!今は食品だけでなく多くのサプリメントや化粧品などにもコラーゲンが含まれているので、比較的簡単にコラーゲンを取り入れることができます。自分にあったコラーゲンの摂取方法を見つけて、肌の内側から毛穴トラブルを解消させてみませんか?