日焼け防止や日焼けケアに効果のあるビタミンはどれ?

日焼け防止や日焼けケアに効果のあるビタミンはどれ?

日焼けによって出来てしまうシミやそばかす、出来る限り予防したいものですよね。日焼けを予防するのであればビタミンの摂取や日焼け止めを塗るという方法が主ですが、具体的にはどのようにすればより予防効果が高まるのか、という事を今回はご紹介していきます。しっかりと紫外線対策をしてシミのない白肌を保ちましょう。

 
 
 
 
 

日焼け予防に効果のあるビタミンは?

まずは日焼け予防に効果のあるビタミンをチェックしていきましょう。あらかじめ日焼け予防に効果があるビタミンを摂取しておく事で紫外線対策ができますね。

1|ビタミンC

ビタミンCにはメラニンの生成を促してしまう活性酸素が増えるのを抑えてくれる働きが期待できます。また、皮膚や粘膜を保護してくれる働きもありますよ。
 

2|ビタミンE

ビタミンEもビタミンC同様に活性酸素の生成を抑える働きが期待できます。また、紫外線を吸収してくれる作用もあると言われていますよ。
 

日焼けケアに効果のあるビタミンは?効果的な日焼けケア方法

日焼けケアに効果的なビタミンや、効果的な日焼けケア方法を見ていきましょう。いざ日焼けしたという時に知っておくと便利ですよ。

1|お肌を冷やす

日焼けは火傷の一種とされており、日焼け具合によっては軽い火傷と診断される場合もあります。軽い日焼けでもお肌が炎症を起こしている状態なので、火照っている部分や赤くなっている部分を水で濡らしたタオルや保冷剤などで冷やすのがおすすめです。
 

2|お肌を保湿する

日焼け後のお肌は水分が奪われた状態でとても乾燥しているので、スキンケアは重点的に行うのが理想的です。出来る限り低刺激のスキンケア用品を使って、たっぷりと水分を与えた後しっかりとクリームで保湿を行いましょう。
 

3|ビタミンを摂取する

ビタミンは日焼け予防にも効果的ですが、日焼け後のケアにも効果的と言われています。ビタミンAはコラーゲンの生成を促してお肌にハリを与えてくれる働きが、ビタミンEは血行を良くしてお肌のターンオーバーを促してくれる働きがそれぞれ期待できます。
また、ビタミンCはコラーゲンの生成を促してくれる他、日焼けによる肌荒れを改善してくれる効果が期待できるとされていますよ。
 

日焼けケア方法のまとめ

  • 火照っている部分や赤い部分は冷やしてケアする
  • 水分をしっかり与えて保湿をする
  • ビタミンを摂取して身体の内側からケアする

 

日焼けを促進させるNG行為

日焼けを促進させてしまう行為は出来る限り避ける事が大切です。特に日焼けを促進させてしまう食べ物には注意が必要ですよ。
 

1|日焼け止めを塗っていない

日焼け止めを塗っていない状態で、日焼けを予防するというのは不可能です。出かける前にしっかりと日焼け止めを塗って紫外線対策をするようにしましょう。
 

2|日焼けを促進させる食べ物を摂取する

果物や野菜に含まれているソラレンという成分ですが、紫外線のお肌への吸収を良くしてしまう働きがあるとされているので、外出前に摂取するのは避けるのがおすすめです。主に、レモンやグレープフルーツ・きゅうり・しそ・人参などに含まれています。
 

真っ白な肌でいたい!日焼け予防方法

日焼けせず真っ白なお肌を保つためには、日焼けの予防方法を確認しておくことが大切です。特に、曇りでもしっかり紫外線対策をするというのは重要ポイントですよ。
 

1|曇りでもしっかり紫外線対策をする

例え日差しが強くなかったり曇りだったとしても、紫外線は放出されているので手を抜かずしっかり日焼け対策をしておく事が大切です。
 

2|体の内側から予防しておく

ビタミンAやビタミンC・ビタミンEが豊富に含まれている食べ物を、普段から積極的に摂取しておくことがおすすめです。体の内側からのケアは外側からのケアよりも効果的とされていますよ。
 

正しい日焼け対策・ケアで美白をキープ

身体の内側からの対策と身体の外側からの対策をダブルで行うことで、より日焼け対策の効果はアップします。もし日焼けしてしまったとしても正しいケア方法を取り入れて、美肌をキープしましょう。