辛い日焼けのメカニズムと日焼けあとのアフターケアを解説

辛い日焼けのメカニズムと日焼けあとのアフターケアを解説

みなさんは、日焼けのメカニズムをご存知でしょうか?じつは紫外線には種類があり、それによって引き起こされる症状も違うのです。この記事では、日焼けのメカニズムから日焼けを悪化させてしまうNG行動や、日焼けしてしまったときのアフターケアを紹介しています。日焼けによるダメージを最小限に抑えたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。
昔は日光を浴びることが健康に良いといわれていたこともありました。しかし、紫外線による日焼けは、シミ・そばかす・シワなどを引き起こすだけではありません。皮膚ガンの原因にもなってしまうため、近年では紫外線対策が重視されています。紫外線や日焼けについて、リオ博士に詳しく聞いてみましょう。

先日うっかり日焼けしてしまって、ヒリヒリが治ったと思ったら、肌が黒くなってしまいました。

それはサンバーンとサンタンだね!

サンバーンとサンタン?どういう意味ですか??

紫外線の種類によって症状が違うんだよ〜!

そうなんですか?ぜひ詳しく教えてください。

オッケー!じゃあ今日は日焼けについて詳しく説明するね♪

うっかり日焼けが痛くて辛い…

みなさんは『曇っているから…』とか『短時間だから…』と思って紫外線対策を怠ってしまい、うっかり日焼けしてしまったという経験はありませんか?日焼けした肌は、まるでヤケドしたようにヒリヒリと痛くなって辛いですよね。

日焼けしてしまったとき、私たちの皮膚ではいったいどのようなことが起こっているのでしょうか?日焼けのメカニズムについて詳しく解説していきます。

そういえば、日焼けのメカニズムについては、まったく考えたことがありませんでした。

紫外線対策の方法は知っていても、日焼けのメカニズムは知らない人が意外と多いんだよね〜!

日焼けのメカニズムを詳しく解説

私たちの体が紫外線を浴びたとき、皮膚ではどのようなことが起こっているのでしょうか?日焼けのメカニズムを詳しく解説していきます。

1|日焼けについて

私たちの肌は、紫外線という目に見えない光線を浴びることで日焼けをします。紫外線には、A波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)の3種類がありますが、C波はオゾン層に吸収されるため、私たちが生活している場所までは届きません。したがって、紫外線対策が必要となるのはA波(UVA)とB波(UVB)の2種類ということです。

2|サンバーンについて

サンバーンとは、日焼けをしたときにまず肌が赤くなることを指します。これは、B波(UVB)によって、皮膚がヤケドを起こしている状態です。B波(UVB)は皮膚の奥までは届かないのですが、サンバーンの後にメラニンを生成するため、シミやそばかすの原因となります。

3|サンタンについて

A波(UVA)には、ゆっくりと肌を黒くする作用があり、これをサンタンと呼びます。皮膚の奥深くまで届いて、シミ・シワ・皮膚のたるみを引き起こす原因になってしまいます。年齢とともに気になってくる症状ですが、若い頃から紫外線対策をしておくことがとても重要です。

紫外線にも種類があって、それぞれ引き起こす症状が違うのですね。

そうそう!つぎは、日焼けが悪化する行動を紹介していくよ〜!

 

日焼けのメカニズムを詳しく解説

  • 紫外線にはA波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)の3種類がある
  • B波(UVB)は皮膚の奥までは届かないが、サンバーンというヤケドのような症状を引き起こす
  • A波(UVA)は皮膚の奥深くまで届き、ゆっくりと肌を黒くするサンタンの原因になる

 

辛い日焼けが悪化する3つの行動


日焼けを悪化させないためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?ついやってしまいがちな、日焼けを悪化させてしまう行動を紹介していきます。

1|日焼けした場所を強くこする・掻く

日焼けした後は、肌が乾燥してかゆみが出たり、皮がむけたりすることがあります。しかし、日焼け直後の肌はダメージを受けており、とても敏感になっています。日焼けした場所を強くこすったり掻いたりするのはやめましょう。肌への刺激を減らすため、綿などの肌触りが良い衣類を身に付けるのがおすすめです。

2|外出前にソラレンを摂取する

オレンジなどの柑橘系に含まれるソラレンという物質には、紫外線を吸収する働きがあります。そのため、外出前にソラレンを含む食べ物を食べてしまうと、日焼けしやすくなってしまうのです。食後2時間後にピークを迎え、8時間後にはその効果は完全になくなるといわれているため、食べる時間帯に気をつけましょう。

<ソラレンを多く含む食べ物>

  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • レモン
  • きゅうり
  • セロリ など

3|アフターケアをせずに放置する

日焼けをしたあとに『痛いから』とか『面倒だから』という理由でアフターケアを怠ってしまうと、辛い日焼けをさらに悪化させてしまいます。きちんとケアをすることで回復を早めたり、メラニンの過剰な生成を抑えたりすることができます。日焼け後はそのまま放置せず、しっかりとアフターケアをするようにしましょう。

続いて、日焼けしたあとのアフターケアを紹介するから参考にしてね〜♪

はい!万が一日焼けしてしまったときには、きちんとケアしようと思います。

日焼けしたあとのアフターケア

最後に、日焼けしたあとのアフターケアを紹介していきます。日焼け直後のデリケートな肌をしっかりとケアすることで、回復を早めたり、肌への影響を最小限にとどめたりする効果が期待できます。

1|サプリメントで日焼けに効果的な栄養素を摂取する

紫外線を浴びたときには、肌細胞を紫外線から守ろうとして活性酸素が発生します。しかし、活性酸素は老化の原因になるため、日焼け後は抗酸化作用のあるビタミンエース(A・C・E)を摂取することが大切です。野菜や果物から摂取することもできますが、手軽に必要量を補うことができるサプリメントがおすすめです。

2|日焼けした患部を冷やす

日焼け後に肌が赤くなるサンバーンは、軽度のヤケド状態です。そのため、日焼けしてしまった後にはなるべく早いうちに幹部を冷やすようにしましょう。炎症を抑えて、肌のダメージを軽減する効果があります。しかし、痛みがひどい場合や水ぶくれができている場合には、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

3|水分をこまめに摂取する

日焼け後は肌の保湿ばかりに気をとられがちですが、水分をこまめに摂取することも大切です。体内の水分が不足していたら、肌のうるおいを保つことはできません。日焼け後は脱水症状を起こしやすくなっているため、しっかりと水分補給をするようにしましょう。

肌の保湿はしっかりとおこなっていましたが、水分補給は盲点でした。

新陳代謝を促進する効果も期待できるから、日焼け後はとくに水分をこまめに摂取しようね♪

日焼け後のアフターケアで肌のダメージを軽減しよう


紫外線にはA波とB波という種類があり、皮膚が赤くなって軽いヤケド状態になるサンバーンや、ゆっくりと肌が黒くなるサンタンという症状を引き起こすことがわかりました。普段から紫外線対策をおこなうのはもちろんのこと、日焼けしてしまったときにはアフターケアが大切です。正しいケアで肌のダメージを軽減しましょう。

今回は、紫外線の種類や日焼けのメカニズム、アフターケアについて知ることができました。

それは良かった!日焼けしてしまったときは、悪化させないように気をつけてね〜♪

はい!リオ博士、ありがとうございました。