夏と同じ方法ではNG?秋の日焼け対策を徹底解説!おすすめのコスメもご紹介

夏と同じ方法ではNG?秋の日焼け対策を徹底解説!おすすめのコスメもご紹介

日差しが強くてジメジメした夏が終わって、カラッとした気候で過ごしやすくなる秋。日焼け対策をしっかりとしていた人でもその対策の手を緩めてしまう人は多いのではないでしょうか? 今回は秋だからこそ強化したい日焼け対策について解説し、将来の美肌を保つためのコツについても説明していきます。

こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。
日差しの厳しい夏が過ぎ去った後、みなさんはUVケアをどのようにしていますか?もう日焼けしないしいいかと思って、日焼け止めを塗るのをやめたりしていませんか?
今回は美容を気にする方にぜひ知っていただきたい秋の紫外線事情とスキンケアについて解説していきます!

リオ博士、おはようございます。今日は秋晴れでとても良い天気ですね。

ようこちゃんおはよう♪本当、暑さも和らいで過ごしやすい季節になったね!あれ?ようこちゃん、つい最近まで日傘にアームカバーしたり日焼け対策していたのに今日はしていないの?

はい、日差しも強くないし、そこまでしなくてもいいかと思って。

ようこちゃん、その考えはあまいよ!秋こそ日焼け対策が必要なんだ。

えっ?そうなんですか?リオ博士、詳しく教えてください。

秋も日焼け対策が必要?


秋は心地よい気候になり日差しも和らぐ季節です。お出掛け前に日焼け止めをばっちり塗っていた人もこの時期はついつい手を抜きがちになったり、うっかりわすれて出かけてしまう人もいるのではないでしょうか?
確かに夏に比べれば日焼けはしにくいかもしれません。

しかし安易に考えてはいけません!秋という季節は、見た目では分かりにくいお肌への悪影響が潜んでいます。では、秋の日焼け対策が将来の美容にどれだけ重要であることについて、さっそく解説していきましょう!

過ごしやすい気候だったり、日差しが強くないことで秋の日焼け対策は気が緩んでいました。

秋の日焼け対策が重要なのにはちゃんと理由があるんだよ!なぜ日焼け対策をする必要があるのか理解して、日焼け対策を習慣化してね♪

秋でも日焼け対策が必要な理由3つ

秋の肌は、夏の紫外線をうけて弱っている状態です。秋になり、紫外線量が少なくなることで、日焼けした肌の色も少しずつ元に戻ってきているためか、紫外線対策も手を抜きがちになります。しかし、夏のダメージをうけた肌が完全に回復しない状態で秋の紫外線を浴びると、お肌の回復力は衰えシミやシワの原因となります。

以上より、秋の日焼け対策は将来の美肌を左右するといっても過言ではないほど、とても重要なものです。

1|UV-Aが増える

紫外線には波長の長さによってA波(UV-A)B波(UV-B)C波(UV-C)の3種類に分けられます。このうちUV-Cは地上へ到達することなくオゾン層にカットされ、残りのUV-AとUV-Bが地上に届く紫外線です。

夏に肌が赤く焼けたり、人によって水ぶくれになってしまうような日焼けの原因となるのはUV-Bという紫外線です。UV-Bは肌の細胞を傷つけ、炎症を起こし、シミの原因となります。皮膚がんの原因となるのもこのUV-Bです。UV-Bの紫外線対策は直接日光に当たらないよう、日傘をさしたりアームカバーをするなどの防御が必要です。

一方、UV-AはUV-Bと違って私たちの肌に急激な影響は与えません。秋はUV-Bが弱まりUV-Aが強くなる季節です。そのため紫外線量が減ったと勘違いし、UVケアを疎かにしてしまう傾向がありますが、実はこのUV-Aシミやシワに大きく関わっているのです。

UV-Bは皮膚表面への影響を与える紫外線ですが、UV-Aは皮膚の奥まで到達し私たちが気が付かないほどゆっくりと肌へ悪影響をもたらしているのです。また、UV-Aは日光が降り注がない曇りの日でも地上に届く紫外線です。しかも、家の中にいても窓ガラスを通り抜けてしまうので家の中でも紫外線対策が必要となります。

2|太陽の日が顔に当たる

夏は太陽が高い位置を上がるため、上から降り注ぐ日光や紫外線を避けるための対策が必要になります。一方、秋は日が傾き日傘をさしていても斜めから日差しが顔に当たります。また、首にも直接日が当たるようになるため、夏とおなじの紫外線対策では不十分といえます。秋は斜めから差し込む日焼け対策を心がけましょう。

3|乾燥した肌はダメージをうけやすい

夏の紫外線を浴びた肌は乾燥しやすい状態になっています。それに加え、秋は湿度が下がり空気が乾燥することでより乾燥肌がひどくなります。肌には元々バリア機能が備わっているのですが、乾燥した肌は紫外線の影響を受けやすい状態になり、メラニンの生成を促しシミやシワの原因となります。しっかりと日焼け対策を行い、肌を紫外線から守りましょう。

秋でも日焼け対策が必要な理由3つ

  • UV-Aが増える
  • 太陽の日が顔に当たる
  • 乾燥した肌はダメージを受けやすい

 

だから秋の日焼け対策こそしっかりしなくてはいけないのですね。

それが分かってもらえてよかった。すぐに影響がないと油断しがちだけど、影響が目に見え始めてからでは遅いというのがこわいよね!

秋の日焼け対策におすすめのコスメ厳選3選

先ほど説明したように、秋は、夏の日差しを浴びて疲れている肌にさらに追い打ちをかける状態となります。疲れている肌には保湿が必要不可欠です。肌の保湿は特にシミやシワ予防にとても重要です。普段のスキンケアからメイクぶ日焼け止め効果のあるコスメを組み込むことで毎日手軽な紫外線対策ができます。

1|美白美容液

美白美容液は、毎日継続して使用することでシミの原因となるメラニンの生成を抑えて目立たなくしてくれます。さまざまな美白美容液の種類がありますが、美白と表記できる化粧品は国が認めている美白成分を配合した医薬部外品だけです。そのため、美白と表記されている美容液であればシミに効果的であると考えることができます。

美白成分が気になる人は購入するときビタミンC誘導体が入っているか確認してみましょう。ビタミンC誘導体はシミを抑制する効果だけではなく、毛穴やシワ等のエイジングケアにも効果的です。

2|日焼け止め乳液

日焼け止めを塗ってしまうと肌荒れしてしまう敏感肌の人は意外に多いようですが、そういう方は、日焼け止め乳液はおすすめです。スキンケアも兼ねているので秋の乾燥しやすい肌を保湿しながら日焼け対策ができ一石二鳥です。また、日焼け止め乳液は、日焼け止めのような伸びにくさや塗りにくさが無く、肌全体にムラなく塗ることができます。

ちなみに、日焼け止め乳液を購入する際に確認しておくべき数値がSPFとPAで、SPFが高いほどUV-B対策に、PAが高い程UV-A対策に向いています。どの化粧品を買うか迷うときには、秋はUV-Aが強くなるためUV-A対策をメインに考えることがおすすめです。

3|日焼け止め下地

日焼け止めを下地の代わりにしてはいけないの?と考えたことがある人もいるかもしれません。そもそも、化粧下地は化粧ののりをよくし、発色よくする物です。中には毛穴や肌の凹凸を目立たなくさせたり、余分な皮脂の分泌を抑えたり、乾燥を防いでくれる物もあります。

日焼け止めは落ちやすく塗り直しをしないと十分な日焼け止め効果が得られにくいですが、化粧下地落ちにくい特性があるため日焼け止め効果を兼ね備えた下地は紫外線対策にとても効果的であるといえます。

どれもたくさん種類があって、どれを買うかとても悩みます。

薬局の化粧品コーナーには本当にたくさんの商品が並んでいるもんね。使い続けられる価格帯で気になる成分が入っている物を選ぶといいんじゃないかな?

そうですね。毎日のスキンケアが重要ということですよね。

日焼け対策をさらに効果的にするコツ

スキンケアとメイクでの日焼け対策以外に、さらに美肌効果を上げるために知っておくとよいことがあります。シミやシワの対策に効果的であるため、できることはさっそく取り入れてみましょう!

1|サプリメントで美白ケア

美白対策のサプリメントと聞くと、ビタミンCを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、ビタミンCだけでは十分な美白効果を得られません。L-システイン代謝を促進させる働きがあるため、肌のターンオーバーを促進してシミを目立たなくしてくれたりクスミの対策にもなります。

また、ビタミンCには、メラニン色素が茶褐色となりシミの原因となるのを防いだり、メラニンの発生を抑制する効果があります。ビタミンCと一緒に摂ることで得られる効果であるため、ビタミンCも忘れずに摂るようにしましょう。

2|角質ケア

古い角質が残っている状態で日焼けをしてしまうと、その場所だけが黒くほなります。また、ごわごわとした肌触りになり肌のターンオーバーを乱したり美容液などの化粧水などが肌の奥まで届きにくい状態になることでシミやシワの発生を促します。

肌のターンオーバーを正常に保つことが角質ケアにとってとても重要なことです。普段のスキンケアをしっかりと行い、合わせてサプリメントなどを摂ることがおすすめです。

3|保湿をしっかりする

さきほど説明したように、乾燥した肌は紫外線を肌の奥まで受け入れ体勢が整っている状態になっています。日々のスキンケアで保湿をしっかりと行い、肌のバリア機能を正常化させましょう。また、日焼けしてしまった後の保湿ケアも大切です。日焼け直後の肌は炎症を起こしダメージを受けていてとてもデリケートになっています。

化粧水をたっぷり浸したマスクををしてしっかりと肌を冷やすことが大切です。パックの後には美容液とクリームを塗って水分を保持し蒸発防ぎましょう。

日焼けした後のケアも大切なんですね。日焼けして皮膚が赤くなってしまっても、普段と同じスキンケアしかしていませんでした。

日焼けした後こそダメージを受けているから、その肌へのケアはとても大切だよ!

スキンケアとメイクで日焼け対策

日々の日焼け対策が必要といわれても、時間やコストがかかれば毎日継続しにくいですよね。スキンケアやメイクといった日々のお手入れに日焼け対策を加えればいつもと大きく変わることはありません。また、高級な化粧品を揃える必要もないためすぐに始めることができます。

日焼け対策は早ければ早い方がよいため、9月に入ったら、さっそく秋の日焼け対策を始めてみてください。

明日から日焼け対策をしっかりします。スキンケアとメイクは使っている化粧品を変えるだけで日焼け対策になるので本当に簡単ですね。

そうだね。日々の積み重ねが将来の美肌を維持するためにとても重要!対策は早ければ早いほどいいからすぐに始めてね!