ヒアルロン酸サプリが美肌に効果あり?肌の悩みは内側から解決!

ヒアルロン酸サプリが美肌に効果あり?肌の悩みは内側から解決!

ヒアルロン酸という成分をご存じでしょうか?よく聞く言葉ですが、詳しいことはわからないという方が多いと思います。ただヒアルロン酸というと、美容によいイメージ・・・?がなんとなく思いうかぶかもしれません。今回は、ヒアルロン酸は美肌に効果があるのか、また効果的にとり入れる方法について詳しくご紹介します。

こんにちは!はたらく栄養の「ようこ」です。今日はヒアルロン酸のサプリについてご紹介します。

:最近、お肌にしわが増えてきた気がします。

あぁ!本当だ、なんだか少しかさついてるみたい!

やっぱりですか…。忙しくてなかなかお肌のケアができなかったんです。

そんなようこちゃんにおすすめなのはヒアルロン酸だね!

ヒアルロン酸は聞いたことがあります。でもどんなものか、詳しくは知りません。

じゃあ今日はヒアルロン酸についてお話しするね!

ヒアルロン酸が美肌に効果ありって本当?

ヒアルロン酸はなんとなく、肌に効果があるというイメージがあると思います。ヒアルロン酸はムコ多糖類のひとつで、体のなかでは肌の真皮に多く存在します。持ち前の粘弾性により水分の保持と、細胞間でいわゆる形状記憶的な役割をしています。

ヒアルロン酸で解決!肌荒れを治す3つの理由

ヒアルロン酸は水を吸着してゼリーのような状態にすることができます。ヒアルロン酸は、粘性(ねばねばした特性)と弾性(元に戻ろうとする特性)があり、肌の水分保持としわのないハリのある肌を作ります

1|ヒアルロン酸は保湿力バツグン!

前述のとおり、ヒアルロン酸には粘性という能力があります。水などの液体は、一般的に自由に動いてその場にとどまることはできません。しかし、ヒアルロン酸は、水を含ませると粘性によりねばねばとした感触を出し、その場にとどまろうとします。

肌にヒアルロン酸が存在しているということは、それだけ肌に水をとどまらせることができるということです。ヒアルロン酸は1g当たり、6Lもの水分を吸着し保持してくれます。これだけでもヒアルロン酸の高い保湿力がうかがえます。

2|ヒアルロン酸はしわ予防にも効果的!

ヒアルロン酸は肌の真皮に多く存在し、2つの成分がお肌の状態を保っています。ひとつはコラーゲン。真皮の間で細胞と細胞を結び付ける役割をしています。その間で水分を保持しているのがヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸は弾性をもっています。これは弾力性、といった方が分かりやすいでしょう。外部から力が加わっても、もとに戻ろうとする力が働き、もとの形が保たれます。肌にヒアルロン酸が存在すると、この弾力性により重力に負けずハリが保たれ、しわの予防になります。

3|高い水分保持力により、お肌の透明感もアップ!

本来のヒアルロン酸生成力は加齢により低下するため、年を重ねるごとに少しずつ肌の水分量は減り見た目にもうるおいが低下し、透明感がなくなっていきます。そこにヒアルロン酸をあたえてあげることでヒアルロン酸のもつ高い水分保持力により肌の水分量が増えてうるおいが増し、肌の透明度がアップします。

ヒアルロン酸が効果的な3つの理由

  • お肌の保湿力がバツグン!
  • しわ予防にも効果的!
  • 透明感もアップ!

 

ヒアルロン酸ってとてもお肌によいのですね。でも、どうやって摂ればよいのでしょう。

ヒアルロン酸はサプリがたくさんあるんだよ!忙しい時でも簡単に摂れるから、ようこちゃんにおすすめだよ!

 

効果を最大化!ヒアルロン酸サプリの飲み方と飲むタイミング

では、ヒアルロン酸のサプリにはどんなものがあるのでしょうか。最近はドリンクタイプや顆粒タイプなどいろいろなものが発売されています。その選び方とタイミングについてご説明します。

1|サプリの種類

サプリには主に3つのタイプがあります。

  • カプセルタイプ:1回量がわかりやすい。味などが比較的なく、飲みやすく保管しやすい。
  • ドリンクタイプ:飲み水が不要で簡単に摂取できるフルーツ味など美味しいものもあり続けやすいが、必要以上のカロリーを摂ってしまう可能性がある。一方でにおいや味が苦手なものだと続けにく保管に場所をとる。
  • 顆粒タイプ:飲み物に溶かして摂取するタイプ。味に影響しにくく、続けやすい。保管しやすい。

ヒアルロン酸の1日の摂取量は、おおよそ200mgを目安に摂るとよいでしょう。特にサプリや健康食品で摂る時は、記載されている量を守り摂りすぎないように注意しましょう。

2|飲むタイミング

飲むタイミングは、基本的には自分が摂りやすい時間帯を考え、摂るようにしましょう。

またキューピーが行った研究では、口からヒアルロン酸を摂取した結果、分解され低分子となったヒアルロン酸が4時間後に血液内に、6時間後に肌に存在が確認されたというデータが得られています。肌の新陳代謝が活発になるといわれている深夜0時~2時あたりに、ヒアルロン酸が豊富にあると効果的であると考えると、その6時間前の20~22時頃の夕食後~眠前に摂るのがおすすめです。

参考)食品産業新聞:https://www.ssnp.co.jp/konohito/2017-1017-1135-14.html

サプリ以外もあり!ヒアルロン酸を効率よく摂取する3つの方法

ヒアルロン酸のサプリには、いろいろなものがあるんですね。

自分に合ったものを選びやすいね!

ヒアルロン酸といえば、化粧品にも含まれていたりしますよね。サプリ以外にもヒアルロン酸を摂る方法はあるのでしょうか。

さすがようこちゃん!ほかにもたくさんあるよ!ではでは、サプリ以外の方法を紹介しよう!

ヒアルロン酸を手軽に摂るにはサプリがおすすめです。それ以外にも、最近はいろいろな方法で摂取する方法があります。

1|食品でヒアルロン酸を摂取する

ヒアルロン酸は以下のような食べ物に多く含まれています。

  • 鶏の皮や魚の目などの、動物の目や皮
  • 鮭やカレイ、ウナギ、フカヒレなどの魚介類
  • もずくやオクラ、トロロ、納豆などのねばねばした植物性の食品

こういった食品から摂取するのもよいでしょう。

2|基礎化粧品でヒアルロン酸を取る

ヒアルロン酸は分子が大きいため、肌の深層への吸収はあまり期待できません。しかし、ヒアルロン酸が肌となじみのよい成分に改良されたものなどいろいろあります。つけ心地も異なるため、基礎化粧品を選ぶ際は、成分表示を確認するようにしましょう。

  • ヒアルロン酸ナトリウム:一般的なヒアルロン酸の表示は「ヒアルロン酸Na」「ヒアルロン酸ナトリウム」となっています。特徴としてとろみが強く、しっとりした印象で肌表面の高い保湿力が期待されます。
  • アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム:いわゆる、スーパーヒアルロン酸とも呼ばれている物質です。親水性の高いヒアルロン酸に、脂溶性の物質をくっつけたもので、肌によくなじむように開発されました。これを含む商品はやや値段が張るものも多いですが、高い効果が期待できます。感触としてとろみは強くないため、さらっとした印象です。
  • 加水分解ヒアルロン酸:低分子ヒアルロン酸、浸透型ヒアルロン酸などとも呼ばれています。高分子のヒアルロン酸を加水分解し低分子化したものですが、それでも真皮への吸収はあまり期待できないといわれています。しかし、低分子でとろみは少ないため感触がさらさらしており、着け心地がよいものが多いです。

 

3|美容外科でヒアルロン酸を摂取する

化粧品では肌への浸透があまり期待できないということもあり、美容外科でヒアルロン酸を注射するという方法もあります。ヒアルロン酸を注射することで、肌全体に吸収されていきます。

また、ヒアルロン酸の高い粘弾性を利用し、フェイスラインを整えたりしわを改善するアンチエイジング目的に利用されることもあります。また、バストアップや、ニキビでできたクレーター治療にも使用されています。

ヒアルロン酸を正しく摂取してハリとツヤのある美肌になろう!

いかがでしたでしょうか。ヒアルロン酸は肌の保湿に効果的で女性にとって必須の成分といえます。体の内外から、さまざまなな方法で摂取して、ハリツヤのある美肌を手に入れましょう。

ヒアルロン酸がこんなに高い効果を持っていることは知りませんでした。今日からさっそく使ってみたいと思います。

ようこちゃんもみなさんも、ヒアルロン酸をサプリや化粧品に取り入れて、素敵な女性になってね!