ヒアルロン酸は肌に効く?効果の理由を詳しく解説!

ヒアルロン酸は肌に効く?効果の理由を詳しく解説!

お肌の乾燥は、年齢を重ねるにつれて感じます。体の中からヒアルロン酸が減ってきているのも、ひとつの原因だといえます。今回は、美肌とヒアルロン酸の関係をお話していきますね。

 
 
こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。前はこんなに乾燥することもなかったのに…最近、肌がよく乾燥する…なんてことありませんか?肌のうるおいにヒアルロン酸が関わってるんです。これからご紹介していきますね。
 

リオ博士、肌のうるおい成分ヒアルロン酸について知りたいです。

ヒアルロン酸かぁ!肌をぷるっぷるにしてくれるよ!

どうしてプルプルにしてくれるのか、詳しく知りたいんです!

わかった、わかった!詳しく説明していくよ…効率よい摂取方法についてもね!

肌荒れを改善するにはやっぱりヒアルロン酸?

ヒアルロン酸は、赤ちゃんのときをピークに40代になると約半分に減ってしまいます。加齢にともない、肌が乾燥したり荒れたりするのはヒアルロン酸の減少も影響のひとつ。なぜならヒアルロン酸は、保水力があるからです。
 

人体の半分以上が水分ってこと知ってる?ヒアルロン酸は、細胞と細胞の間で水分を保ってくれているから、肌の水分も保ってくれる働きがあるんだ。

そうなんですか!体からヒアルロン酸が減ってくるということは、水分も保てなくなるということですね?

そうだね!だから、肌荒れの改善にはヒアルロン酸が上手に働いてくれるんだよ!

ヒアルロン酸が肌に効果的な3つの理由

ヒアルロン酸がもつ保水力が、肌にどんな効果をもたらしてくれるのか、他にどんな働きがあるのかをご紹介していきます。
 

じゃぁ、ヒアルロン酸がどうして肌に効果があるのか、詳しく説明していくね!

リオ博士、ぜひ、わかりやすくお願いします。

了解!3つに分けて、やさしく説明するね!

1|抜群の保水力でお肌もプルプル

ヒアルロン酸の保水力は、かなりのものです。ヒアルロン酸1gに対して約6000㏄もの水をたくわえることができるのです。肌の細胞と細胞の間に存在するヒアルロン酸がたっぷり水分を保つことで、本来のハリと弾力が保てます。
 

肌にしっかりヒアルロン酸があると、しわ・たるみ・シミの予防にもなるんだよ!

2|お肌へ十分な栄養をとどける

ヒアルロン酸は、細胞間に存在することから、体の中全体、つまり消化管の粘膜、血管にも存在しています。消化管や血管が十分にはたらいてくれると、摂取した栄養をしっかり消化、吸収し体のすみずみまで栄養を効率よく届けてくれるのです。
 

肌にもよい栄養をしっかりとどけてくれるのでお肌も健康的になるね!

3|美肌成分セラミド・コラーゲン・エラスチンと一緒にはたらく

ヒアルロン酸は、細胞間脂質として美肌にはたらくセラミドと、肌の細胞をつくるコラーゲン・エラスチンとともに協力します。セラミドは、肌をバリアして水分が出ていくのを防いでくれます。コラーゲンは弾力性を保つ繊維質で、この弾力性を保つにはヒアルロン酸の保水力が必要不可欠で、互いに存在しないと、コラーゲンもヒアルロン酸も十分に肌で活躍できないのです。
 

美肌には、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミドが欠かせないね!

 

ヒアルロン酸が肌に効果的な3つの理由

  • ヒアルロン酸は、水分を保つはたらきがあるので肌にハリと弾力を与えてくれる
  • ヒアルロン酸は、栄養をしっかり吸収するはたらきを助けてくれるのでお肌の健康に役立つ
  • ヒアルロン酸は、セラミド・コラーゲン・エラスチンとともに摂ると美肌につながる

 

肌以外にも効果あり!ヒアルロン酸の凄い効果ベスト3

ヒアルロン酸の役割は、美肌効果だけではないのです。体のいたるところにヒアルロン酸があることから、体の様々な部分で役割があります。
 

ヒアルロン酸の凄い効果ベスト3をみていくよ!

1|ヒアルロン酸は関節痛の予防になる

関節には、骨と骨とがぶつかり合わないようにクッションのようなものが存在しています。そのクッションにヒアルロン酸が多く存在しているのです。
 

加齢によって膝などの関節痛がおこることがあるよね。ヒアルロン酸が不足していることもその原因のひとつなんだよ!コンドロイチンと一緒にとるとヒアルロン酸の力を発揮するのと一緒に保水力を保てるよ♪

2|眼精疲労やドライアイにも効果

目の硝子体と呼ばれるところに、ヒアルロン酸は多く存在します。とくに多く存在しているのが、水晶体の後方部分です。子どものころ目が輝いてみえるのは、ヒアルロン酸が多く存在しているからで、加齢とともに減少していくため、ドライアイなどの症状が出てくるのです。ヒアルロン酸が十分にあることで、老眼や疲労、ドライアイにも効果が期待されます。
 

硝子体にヒアルロン酸があることで、目の形をきれいに保つことにもつながっているんだ!

3|弾力のあるしなやかな血管をつくる

若々しい血管は非常に弾力があります。これは、血管にもヒアルロン酸が多く存在しているからです。年齢とともにヒアルロン酸が不足すると血管が硬くなり、動脈硬化を発生させます。動脈硬化は、高血圧にもつながり、心筋梗塞や脳梗塞の引き金にもなります。
 

ヒアルロン酸は体の健康にも役立っているね!

 

ヒアルロン酸を効率よく摂取して綺麗な肌になる方法

ヒアルロン酸が、綺麗な肌になるために必要なことがわかりました。では、効率よく摂取するためには、どんな方法があるかみていきましょう。
 

4つに分けてみていくよ!

1|サプリメントでヒアルロン酸を摂取する

ヒアルロン酸を経口摂取をしても肌には効果がないといわれてきました。最近のキューピーの研究で、きちんと吸収されて肌の水分値上昇効果、さらにシワ抑制効果が確認できたという事例も報告されています。分子量の大きいヒアルロン酸が、腸内細菌によって低分子化されることにより体内に吸収され、血中及び皮膚へ移行されるとのこと。
 
ただ、人の腸内細菌によって低分子化の有無があるようで、今後どのような腸内細菌が影響しているのか、ある大手食品会社で今後、研究をすすめていくとのことです。そのため、サプリメントの効果は良く効く人と効きにくい人がいるという見解です。
 

お肌の細胞は、新しく生まれ変わるまで20代だと1か月くらい、30代、40代だと2か月から3か月くらい必要なんだ!だからサプリメントの摂取は、ヒアルロン酸に関わらず最低3か月つづけないと効果が確認できないよ!

2|食品でヒアルロン酸を摂取する

食品で、ヒアルロン酸が多く含まれるものが、フカヒレ、鶏軟骨、魚の目の部分。植物性でネバネバしたもの(納豆、おくら、山芋)です。熱処理に弱いことから、植物性から摂取する方法が効率が良いのかも。ただ、量がとれませんね。長い目で、コツコツ摂り続けることが大切です。
 

ビタミンCやB群と一緒に摂るとヒアルロン酸の効果もアップ!バランスの良い食事が大事だね!

3|基礎化粧品でヒアルロン酸を摂取する

化粧品では、様々な種類のヒアルロン酸が配合されています。一番効果があるといわれているのが、スーパーヒアルロン酸です。ただ、それでもヒアルロン酸が存在する肌の奥(真皮)に届けることは難しいです。でも、肌表面の保湿はヒアルロン酸でまかなうことは十分に可能です。
 

手当パックといって、温めた手で化粧水を押し当てるように肌をやさしく包むようにぬるのがコツ!

4|美容外科でヒアルロン酸を摂取する

多くの美容外科で、肌へヒアルロン酸注入の施術が行われています。ヒアルロン酸注射の利点は、他に比べ、目に見えて即効性があるところです。ただ、稀に体質によっては効果が出ないこともあるようです。施術の実施は自分が信頼できる先生と相談しながらすすめていくことをおススメします。

ヒアルロン酸注射は、注入する量や人によって保てる期間が違うんだよ!

 
 

ヒアルロン酸でハリと弾力のある綺麗な肌を手に入れよう

ヒアルロン酸は、体のいろいろな部分にあることから老化防止に良いことがわかりました。体の外側から内側から効率よく摂取して、ハリと弾力のある若々しい綺麗な肌を手に入れましょう。
 

ようこちゃん、ヒアルロン酸の美肌効果、よくわかった?

リオ博士。よく、わかりました。まずは、化粧品と食事から取り入れて肌の乾燥を防いでいきます。

ぷるぷるの肌を手に入れてね!