ヒアルロン酸は美肌に欠かせない!お肌に効果がでる摂取方法を解説

ヒアルロン酸は美肌に欠かせない!お肌に効果がでる摂取方法を解説

ヒアルロン酸といえば、誰もが知っている美容成分の1つですよね。しかし、ヒアルロン酸が肌にとってどのような役割をし、美肌効果をもたらしてくれるのか、あまり詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?今回はそんな美容成分の1つであるヒアルロン酸について詳しくご紹介します。

こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。皆さんはヒアルロン酸という成分をご存知ですか?ヒアルロン酸は美肌に効果的な成分ということは、誰もが一度は耳にしたことがあると思いますが、実際どのような効果があるのか詳しくは分からないという方も多いと思います。今回はそんなヒアルロン酸についてご紹介します。

博士、ヒアルロン酸ってどのような美容効果があるのですか?

う~ん、ヒアルロン酸は元々人が持っている成分で、水分を保持する役割などがあるよ♪

そうなんですね。ヒアルロン酸って名前は聞いたことあってもあまり詳しく知らなくて。

だよね!じゃあ今日はヒアルロン酸について詳しく説明していこう~♪

はい、よろしくお願いします。

 

ヒアルロン酸はお肌に効果的って本当!?

ヒアルロン酸は、アミノ酸糖分が重なってできている成分で、人や動物の体に元々備わっているものです。そんなヒアルロン酸は肌だけではなく、目や関節などにも存在しています。肌での役割は、コラーゲンなどと一緒に細胞と細胞の間に存在しており、水分を保持する働きや、クッションの役割を担っています。

健康な肌を保つためにとても重要な成分であるヒアルロン酸は、加齢とともに減少してしまうため、肌に元々あるものを守りつつ、補っていくことが大切です。

赤ちゃんの肌がプルプルなのは、ヒアルロン酸がたくさんあるからなんだよ♪

そうだったんですね。目や関節にもあることは初めて知りました。

ヒアルロン酸がお肌に効果的な3つの理由

水分の保持やクッションの役割を担っている肌にとって大切な成分であるヒアルロン酸は、どのような美容効果があるのでしょうか?まずはじめに、ヒアルロン酸が肌に効果的な理由をご紹介していきます。

1|お肌のシワやたるみを予防

ヒアルロン酸は水分を保持する役割を担っているため、その保水機能によって肌にハリを与えシミたるみの予防に効果的だといわれています。加齢とともに気になってくる肌のシワやたるみは、乾燥によってできてしまうことがあるため、保水機能が備わっているヒアルロン酸はとても大切な役割を果たしています

2|お肌の保湿力アップ

ヒアルロン酸の水分を保持する働きで、肌の保湿効果が期待できます。その保水力はなんと、ヒアルロン酸1gあたり6リットルもの水分を蓄積できるといわれるほどです。どれだけしっかりスキンケアで保湿をしても、肌が乾燥してしまう、という方はヒアルロン酸が減少している可能性もあります。そんな方は、ヒアルロン酸を補ってあげることが大切です。

1gで6リットルも…!ちょっと想像がつかないですがすごいですね。

それほどヒアルロン酸は保水力があるから、保湿に効果的なんだよ♪

3|体内細胞の活性化

ヒアルロン酸は、傷を治す際の細胞の活性化を担います。基本的に傷口は治りが早いほど綺麗になることがわかっているので、傷を負った際にヒアルロン酸が足りないと傷跡が残り、肌荒れの原因にもつながります。人の肌は敏感で、剃刀負けなどでも、目に見えない傷がたくさんついているのです。

傷の修復も美肌に繋がりますね!

その通り~!ヒアルロン酸はただ保水力が高いだけじゃないんだよ♪

 

ヒアルロン酸がお肌に効果的な3つの理由

  • 肌のシワやたるみを予防する
  • 保水機能によって乾燥の予防改善
  • 体内の細胞を活性化する

ヒアルロン酸を美容に取り入れる際の注意

ヒアルロン酸は、人がもともと肌や眼球などに持っている成分で、水分を保持したり細胞を活性化する働きがあり、美肌を維持するためにはとても大切なものだということが分かりました。次に、そんなヒアルロン酸を美容に取り入れる際に注意しなければならないことを確認していきましょう。

1|ヒアルロン酸は直接つけてもあまり意味がない?

化粧品売り場などに行くと、ヒアルロン酸入りの化粧水などをよく見かけますよね。しかし、ヒアルロン酸は非常に分子量が大きく、簡単に分解されないため、肌に直接塗っても真皮層までは届かないといわれています。では全く意味がないの?と思いますが、角質層に留まって肌の水分が逃げるのを防いでくれる効果があります。

2|美容外科でヒアルロン酸を摂取する際のデメリット

最近では、美容外科で手軽にヒアルロン酸注射を受けることもできます。ヒアルロン酸注射は、注入後すぐに効果を実感できることが最大のメリットですが、持続時間が短いため効果を持続させるには定期的に注入する必要があることや、注入時に多少の痛みがあることなどのさまざまなデメリットもあります。

ヒアルロン酸注射の持続期間は、だいたい3ヵ月程度だといわれているよ!

しかし、即効性があることなどを考えると…悩んでしまいますね。

3|経口摂取での注意点

ヒアルロン酸のサプリメントは現状、科学的なデータがありません。高分子であるヒアルロン酸は、腸管内で分解され、ヒアルロン酸としての効果が薄いと考えられているケースもあります。ただ健康上で良い効果があるというのも決して否定できるものではないと言えます。ただ、多く飲めば、より効果が期待されるヒアルロン酸を飲んで効果がないからといって過剰摂取は注意しましょう

ヒアルロン酸の効果がでやすい摂取方法は?

肌を健康的に保つこと以外にも、さまざまな嬉しい効果のあるヒアルロン酸ですが、効果を実感しやすい摂取方法はあるのでしょうか?最後に、おすすめの摂取方法を3つご紹介します。

1|サプリメントでヒアルロン酸を摂取する

加齢とともに減少していくヒアルロン酸を補うためには、サプリメントの服用がおすすめです。化粧品などに含まれているヒアルロン酸は、分子量が大きいため、分解や吸収がされにくいという欠点がありますが、サプリメントに含まれているヒアルロン酸は、低分子化されており体内に吸収されやすいため効果が実感できやすいといわれています。

サプリメントは手軽に始められるので良いですね。

うん、そうだね♪続けやすいのも魅力のひとつだね!

2|食品でヒアルロン酸を摂取する

ヒアルロン酸は、ムコ多糖類という物質に分類されており、ヌルヌル、ネバネバしているのが大きな特徴です。食品では、鶏の軟骨や手羽元、豚足、ウナギ、納豆、オクラなどに多く含まれています。ムコ多糖類を含むこれらの食品を食べると、肝臓で分解され、体内でヒアルロン酸が合成されます

3|美容外科でヒアルロン酸注射をする

最近では、美容外科でヒアルロン酸を肌に注射する方法が人気になっています。アンチエイジングだけではなく、ドライアイ関節痛の緩和バストアップなど注入する場所によってさまざまな効果があります。ヒアルロン酸注射のメリットはすぐに効果を得られることですが、時間が経つと体内に吸収されるため、効果を持続させるには定期的に行うことが必要です。

ヒアルロン酸を摂取する方法はさまざまなので、自分に合った方法を選びたいですね。

それが一番大切だね♪美容外科は少しハードルが高いと思っている人は、まずサプリメントなどから始めるのも良いね!

ヒアルロン酸で美肌を手に入れよう!

ヒアルロン酸は人の皮膚や眼球に存在し、水分を保持する働きやクッションの役割など、美肌に欠かせないとても大切な成分だということが分かりました。しかし、年齢とともに減少していってしまうため、食品やサプリメントなどで補っていくことでいつまでも健康な肌を保つことができるといわれています。

また、より早く効果を実感したい方は、美容外科でヒアルロン酸注射をうけるのもおすすめです。ヒアルロン酸を摂取する方法はいろいろありますが、メリットやデメリットをしっかりと理解し、自分に合った方法を選ぶと無理なく続けることができると思います。