美肌には春からの対策を!シミ・シワに効果的なスキンケア方法を説明

美肌には春からの対策を!シミ・シワに効果的なスキンケア方法を説明

紫外線対策は夏にするものと思っている人はいませんか?春はポカポカとやわらかい日差しですが、じつは夏とあまり変わらない量の紫外線が降り注いでいます。後になって慌てないためにも、春の紫外線対策は万全にしておく必要があります。今回は、シミやシワのない美肌を保つために効果的な春の紫外線対策やスキンケア方法を紹介します。

こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。
みなさん、春もしっかり紫外線対策をしていますか?夏は予防や対策をしている人も多いと思いますが、春の知らない間にもじつは日焼けをしているのです。今回は、春の紫外線対策やスキンケア方法について、リオ博士に詳しく解説してただきます。シミやシワのない美肌をキープしながら、春のお出かけを楽しみましょう。

リオ博士、帽子やサングラス装備で日焼け止めまで塗って… これからリゾート地にでも行くのですか?

いや、ただの散歩だよ!春の陽気はぽかぽかで気持ちがいいから気分転換にね~

まだ夏でもないのに、そんな対策は大げさではないですか?

そんなことないよ、春もしっかり対策をしないと、日焼けのダメージを肌が受けてしまうよ!

そうなんですか⁉春にはあまり気を付けていませんでした。

ふっふっふー、じゃあ今日は春の紫外線対策や効果的なスキンケア方法など、詳しく教えてあげるね!

春のうっかり日焼けでシミが増えるって本当!?


紫外線を浴びると、紫外線の害から肌を守るために皮膚内で色素成分メラニンが作られます。春になるとぽかぽかと穏やかな暖かさを感じますが、紫外線量は急に強まります。まだ紫外線はさほど強くないだろうと油断していると、うっかり紫外線を浴び過ぎてしまいます。

たくさん作られたメラニンを含んだ肌細胞はシミになります。シミのない美肌を目指すには、もう春の段階で、紫外線対策や効果的なスキンケアが大切なのです。

穏やかで気持ちがいい陽気の春は、まだ大丈夫かな…と紫外線対策は怠ってしまいがちです。

春の紫外線は冬の3倍ともいわれているよ!

そうなんですね、きちんと対策をするようにします。

油断していると気がつかないうちに日焼けしてしまっているのが、春の紫外線の怖いところなんだ!無防備だから、うっかり日焼けをしやすいよ!

春から多くなる紫外線とお肌への影響

気温が高くなり、春の気配が感じられるようになると気にしなければならないのが紫外線です。それでは、紫外線は肌にどのような影響を与えるのかを説明していきます。

まだ日差しがそんなに強くないから…と油断していると、肌トラブルの原因となるから注意しようね!

1|シミの原因になる

紫外線の刺激によって色素成分であるメラニンが生成され、それが代謝されずに蓄積するとシミの原因になります。通常の日焼けであれば、肌の新陳代謝であるターンオーバーによってメラニンが排出され、約1カ月程度で消えます。しかし紫外線を浴びすぎた場合、ターンオーバーで排出しきれなかったメラニンが肌に残り、シミになります。

2|シワの原因になる

紫外線は肌の奥にある真皮層にまで到達し、コラーゲンエラスチンと呼ばれる、ハリをもたらす結合組織を傷つけます。コラーゲンやエラスチンの量が低下すると、肌の弾力が維持できず、シワができやすくなり、肌の老化をもたらします。

3|肌荒れの原因になる

紫外線による刺激を受けると、わたしたちの体は肌の表面を余分な角質で覆うように働きます。その一方で、肌の内部はダメージを受けてバリア機能が低下し、水分が蒸発しやすくなっています。肌の内部の乾燥が進むと、表面のきめが乱れ、ガサガサとした肌荒れの状態を引き起こします。

紫外線の肌への影響はシミだけではないのですね。外出が楽しくなる季節なのに残念です。

きちんと紫外線対策をすれば大丈夫だよ!次に詳しく説明するよ♪

 

春から多くなる紫外線とお肌への影響

  • シミの原因になる
  • シワの原因になる
  • 肌荒れの原因になる

春におすすめの日焼け(紫外線)スキンケア対策

次に春の紫外線対策におすすめのスキンケアを紹介していきます。春からしっかりと紫外線対策を行うのと行わないのとでは、雲泥の差といっても過言ではありません。

1|サプリメントでビタミンCを摂取する

日焼け対策には外側からのケアと併用して、内側からのケアも必要です。おすすめの栄養素はビタミンCで、メラニン生成を抑える働きと、メラニン色素を薄くする働きがあります。果物や野菜を多く摂る食生活を心がけることが大切ですが、生活スタイルによってはサプリメントの使用も効果的です。

粉末タイプや錠剤、ドリンクタイプなど、さまざまな種類がありますよね。

うん、自分にあったものを見つけよう!基礎化粧品にもビタミンC配合のものがたくさんあるよね!日差しが強かった日にはフェイスパックなども効果的だよ!

2|日焼け止めを使う

春だからまだ大丈夫と油断せずに、日焼け止めを使いましょう。顔の中で高い部分は日差しが当たりやすく、日焼けしやすいので、しっかりと塗ることをおすすめします。鼻や頬は重ね塗りをして、塗り直しのときも注意してつけるようにしましょう。

日焼け止めは数時間おきに塗り直すのが正しい使い方だよ!

メイクをしてしまうと、崩れが気になってあまり塗り直せていません。

スプレータイプやパウダータイプの日焼け止めは、あまりメイクを崩すことなく塗り直しができると人気だよ!

3|クレンジング剤、洗顔量は優しいものを選ぶ

春は肌がデリケートになっているので、洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料は刺激が強すぎます。低刺激で負担の少ないものを選び、保湿成分が配合されているものがおすすめです。また、洗顔の理想のお湯の温度は32℃です。寒い季節だとついつい熱めのお湯を使ってしまい、春になっても継続しがちですが、肌に必要な皮脂が失われてしまうので注意をしましょう。

ぬるま湯で丁寧に優しく汚れを落とすのが、スキンケアの基本だよ!

日焼け止めの意味と効果


日焼け止めを選ぶときに大きな基準となるのが、PA値SPF値です。聞いたことはあっても、何の値を示しているのかは意外に知らないという方が多いようです。ここでは、それぞれの意味と効果について、説明していきます。

日焼け止めのパッケージによく書いてありますが、意味はよく分かっていませんでした。

正しく日焼け止めを選ぶためには、PA値とSRF値の意味をきちんと理解することが大切だよ!

1|PA+

PAとは、Protection Grade of UV-Aの略です。+の数は4段階で、+の数が大きい順に紫外線A波(UV-A)の防御効果が高いです。UV‐Aは肌の奥まで届く紫外線で、降り注ぐ量は年中同じであるため、常に対策が必要です。春の日焼けの原因となるのはこのUV‐Aです。

2|SPF

SPFとは、Sun Protection Factorの略で、サンバーン(肌が赤くなる日焼け)の原因となる紫外線B波(UV-B)を防ぐ指標として使われています。数値が大きいほど、効果も高くなります。通勤や買い物など、1時間以内の外出の場合はSPF35程度のものを、1時間以上のレジャーやスポーツなどにはSPF50以上の日焼け止めがおすすめです。

SPFの数値は、紫外線が当たり出してから日焼けをしてしまうまでの時間をどのくらい延長できるかを示したものだよ!

30時間効く…とかではないのですね。

うん!SPF30の場合、日焼けまで10分かかかる人であれば300分、つまり5時間に遅らせることができるという意味なんだ!

なるほど。では、数値の大きいものを使っていれば安心ですね。

いつも数値が高いものを使っていると、それがダメージになることもあるよ!肌の老化を早めてしまうから注意しようね!

春の日焼け対策で気をつけること

対策をしっかり行っていたとしても、使い方が間違っていたり、効果のないものを続けていては日焼け対策を全く行っていないのと同じで、結局日焼けをしてしまいます。春の日焼けを防ぐには以下のことに気をつけましょう。

1|UVカット効果の商品は寿命がある

UVカット素材でできている商品は長持ちしますが、製品として完成したものに後からUVカット効果を加えた商品には寿命があります。何年も前に買ったままだったり、使い続けている場合には効果がなくなっているかもしれません。定期的に買い替えるようにしましょう。

2|日焼け止めは開封後1年以内のものを使う

日焼け止めは開封後1年以内に使い切るようにしましょう。使用期限などが書かれていなくても、時間とともに酸化し、質が劣化していきます。また、使い方によっては雑菌が入り込んでいる可能性もあり、繁殖した雑菌が肌のトラブルを引き起こすことも考えられます。余っていても1年を目安に処分しましょう。

雑菌が入り込む一番の理由は、肌に直接日焼け止めの口をつけて塗ることだから、気をつけよう!

3|日焼け止めが肌に合わない場合はすぐに使用を中止する

日焼け止めが肌に合わず、肌荒れなどの症状が現れた場合には、すぐに使用を中止しましょう。少しの肌荒れであれば、日焼け止めの使用をやめるだけで落ち着きますが、なかなか治らなかったり悪化する場合には、皮膚科を受診しましょう。

4|春の日焼け止めは保湿を重視しよう

寒く乾燥した冬を越した肌は、バリア機能が弱まり、ダメージを受けやすい状態になっています。さらに春は気温の変化などで肌が不安定になりやすいので、日焼け止めは肌を潤う成分が入っているものを選びましょう。

春の日焼け止めには、保湿力の高いものを選ぶとよいのですね。

そうだよ!コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が含まれているものがおすすめだよ!

うっかり日焼けに注意しよう!春からの対策でシミやシワのない美肌を作る!

春の日差しだからといって油断をしていると、紫外線ダメージが重なり、シミやシワの原因となってしまいます。スキンケアのポイントを押さえて、春からしっかりと対策をしましょう。お花見やピクニックなど、外でのレジャーも楽しくなってくる季節を、うるおいのある肌で存分に楽しみましょう。

春にも紫外線対策が大切だということが、よく分かりました。

しっかりと肌をガードして、紫外線から守ってあげよう!