美肌になりたいあなたには「セラミド」が必須?セラミドの効果をやさしく解説

美肌になりたいあなたには「セラミド」が必須?セラミドの効果をやさしく解説

年齢とともに、肌のハリ・うるおいが感じられなくなった…という方、セラミドというお肌の成分知っていますか?コラーゲンやヒアルロン酸などと同じうように、美肌には欠かせない成分です。セラミドは年齢とともに減少していきます。肌が乾燥しやすくなって荒れてくるサインは、セラミドの減少かもしれません。ハリとうるおいと取りもどすため、セラミドについて学びましょう。

こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。
10代~20代のようなしっとりお肌が、ずっとつづいてくれたらいいのに…と、美肌に対する思いはつきませんね。実は、美肌に少しでも近づけてくれる効果的な成分があるのです。本日は、美肌成分のひとつセラミドについて、ご紹介していきます。
 

肌荒れが気になる…美肌に効果的なセラミドを紹介!

年齢とともに、​肌のハリ・うるおい​が感じられなくなった…という方、​ セラミド​という美肌の成分を知っていますか?コラーゲンやヒアルロン酸などと同じように、綺麗なお肌には欠かせない成分です。
 

リオ博士。美肌に効果のあるものについて教えて欲しいです。

どうしたの?ようこちゃん、何か肌のトラブルでも?

乾燥しやすくて…肌荒れが気になっているんです。

そうなんだ!セラミドはお肌の乾燥にもってこいの成分だよ。紹介していくねっ!

 

セラミドってなに?肌に効果的な3つの理由

セラミドは、お肌の保湿とバリア機能を兼ね備えている成分です。たっぷりセラミドがお肌にあれば、ハリと弾力を保ってくれます。

セラミドが肌に良い理由を3つ紹介していくよ!

1|セラミドは、保湿効果がある

セラミドは、皮膚の角質層でも上の表皮に存在していて、細胞と細胞をくっつけているようなもの。細胞間脂質と呼ばれるもので、お肌の水分を保つことにもつながります。脂の性質をもっているので、刺激のつよい(界面活性剤配合)クレンジングや洗顔料でゴシゴシ洗ってしまうと肌から流れてしまうことも。

2|セラミドは、お肌のバリア機能を助ける

もともとお肌には、保護する機能がそなわっているのですが、セラミドが十分にあることで、バリア機能をさらに助けてくれます。このバリア機能は、お肌から水分が出ていくのを防いでくれたり、外からの刺激を防いでくれます。紫外線防止にもつながるので、シミ・しわをつくらず美肌を保つことができます。

3|セラミドの作用で美肌成分をお肌に安定させる

セラミドは、美肌成分コラーゲンなどをお肌に安定させる働きを持ちます。これは、セラミドに保湿効果があるためです。さらに、セラミドのバリア機能でお肌から水分が出ていくのを防ぐため、ヒアルロン酸の保水力も守ってくれます。美肌に働くほかの成分と一緒になって、お肌を守ってくれているのです。
 

セラミドってなに?肌に効果的な3つの理由

  • 細胞間で水分を保つので、保湿効果がある
  • 細胞同士を密着させてバリア機能を発揮させ、お肌を守る
  • 美肌成分をお肌に安定させる

 

美肌を目指す人必見!セラミドの凄い効果ベスト3

お肌に効果的な理由をみてきましたが、次にセラミドの凄い効果ベスト3をご紹介していきます。セラミドの効果を知れば、すぐお肌に試したくなりますよ。美肌を目指す人は必見です。

1|お肌のカサカサを改善

細胞と細胞の間にセラミドが十分にあれば、お肌の保湿効果につながります。保湿機能がしっかりしていれば、乾燥肌の改善につながってくるのです。お肌の乾燥が予防できれば、しわの予防にもつながってきます。十分にうるおいがあれば、ハリと弾力のある健康的な美肌に導いてくれるのです。
 

2|お肌の吹き出物、シミを予防

セラミドは、お肌もともとに備わっているバリア機能をさらに強固にしてくれます。細胞間脂質(セラミド)が十分にみたされることで、外からの細菌や刺激を防いでくれるからです。細菌が入り込まなければ吹き出物の予防、紫外線を防いでくれるとシミの予防につながってきます。また、お肌の新陳代謝もスムーズにしてくれる働きもあるのでシミの改善にも役立ちます。

3|アトピー性皮膚炎、敏感肌を緩和

アトピー性皮膚炎の方や乾燥しがちな敏感肌の方は、もともとセラミドが少ない傾向にあります。セラミドが少ないとお肌のバリア機能が低下するので、外部からの刺激をまともに受けてしまいます。アレルギーの抗原などもそうです。最近では、赤ちゃんの早期からのスキンケアで肌を保護することにより、経皮から抗原が入るのを防ぎ、アレルギーを予防することが日本小児皮膚科学会でも発表されています。

セラミドを効率よく増やして綺麗な肌になる方法

セラミドがピークにある時期は、赤ちゃんの時。20代をさかいに急激に減っていきます。減っていくのは加齢だけでなく、不規則な生活習慣、紫外線、ストレスも影響します。
 

年齢とともに減りつづける一方だから、増やしていかないとね!

はい。リオ博士。効率の良い増やし方、教えてください。

 

1|サプリメントでセラミドを増やす

セラミドは1200μgあるとお肌に良いのですが、食品から摂るのは大変なので、サプリメントがお手軽でおススメです。ただ残念ながら、経口摂取のお肌に対する効果はまだはっきりされていません。でも即効性はなくとも、内側から取り入れてお肌のみならず体全身にとどけていくという点では、毎日つづけられるサプリメントも、おススメです。

2|食品でセラミドを増やす

食品では、フィトケミカルと呼ばれるポリフェノール・アントシアニンなどに多く含まれます。食材では、色の濃い野菜などで、特にこんにゃくが多く含まれます。サプリメントの原料にも、多く使われています。こんにゃく約100gを摂取すれば適量をみたせます。ただ、セラミドを減らす成分リノール酸も含まれていることが多いので注意しましょう。揚げ物、スナック菓子、即席ラーメンに使われています。
 

3|基礎化粧品でセラミドを増やす

化粧品に含まれているセラミドには、植物性、動物性(天然由来)、ヒト型に似せたもの(近年ナノ化されているものも出てきて浸透性に注目されている)、石油系があります。お肌に浸透しやすいものは、ヒト型セラミドです。ただ、人それぞれにお肌の性質も違うことから、自分にあった化粧品を選んでいくことが大事です。また、他の美容成分と一緒に入っているものを購入することをおススメします。
 

4|美容外科でセラミドを増やす

美容外科では、高濃度のセラミドが配合されているローションやクリームを取り扱っています。一般の化粧品だと、薬事法の関係で、配合される量に制約がありますが、美容外科は医師の下で処方されるため、より高濃度の化粧品の取り扱いが可能なのです。また、美容外科によっては、ビタミンCを使ったケアをするところも多いです。ビタミンCはコラーゲンなどの美肌成分を生成したり、お肌の抗酸化作用があり、相乗効果が期待されます。
 
 

セラミドを増やしてハリと弾力のある美肌に!

セラミドは、放っておけば自然と減っていくもの。常に内側から外側から取り入れないと、美肌からは、どんどん遠のいてしまいます。自分に合った方法を見つけて、セラミドを増やしていきましょう。
 

ようこちゃん。セラミドは美肌に効果あるってこと、わかった?

よくわかりました。セラミドを増やしてハリと弾力のある美肌になっていきます!

すごい意気込みだね!がんばってね!