えびはダイエット向き?!女性に嬉しい効果やダイエットにおすすめのレシピまでご紹介

えびはダイエット向き?!女性に嬉しい効果やダイエットにおすすめのレシピまでご紹介

ダイエットに効果的な食材は、意外に周りに多く存在しているものです。例えばえびなどもダイエット効果が期待できる食材の一つです。えびは低カロリー、低糖質、低脂肪で、ダイエット中にはぜひ取り入れてほしい食材なのです。ここでは、その効果を効率よく摂取することができるおすすめレシピのほか、えびを調理する際の工夫や注意点を詳しく調べてみました。

こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。みなさんはこれまでどんなダイエット方法を実践してきましたか?じつは私たちの身の回りにはダイエットに最適な食材が多く存在しています。今回はそのなかでもえびの持つダイエット効果に着目してみました。

ようこちゃん、えびがダイエットに最適な食材って知ってた?

えびですか?ダイエットのイメージはあまりないですね。

ふっふっふー♪じゃあえびのダイエットに最適な理由を教えてあげるよ♪

えびには栄養たっぷり!ダイエットにも効果的?!

えびがダイエットにおすすめの食材ということをご存知でしょうか?えびは100gあたり約90kcal低カロリーなうえに、低脂質、糖質もほとんど含まれていません。また、たんぱく質はしっかり取れるので、筋肉を維持しながらダイエットをすることができます。

さらに、さまざまな調理方法で楽しむことができるため、バリエーションも豊富で飽きずにダイエットを続けることができます。

えびって意外と低カロリーなんですね。

それだけじゃないんだよ♪えびがダイエットに効果的な理由をもっと詳しく説明するね!

えびがダイエットに効果的な3つの理由

えびがダイエットに効果的であるということは、意外に知られていません。しかし、えびにはダイエットに効果的な理由がしっかりあるのです。ここでは、その理由を詳しく説明します。

1|低糖質

えびは100gあたり約90kcal、糖質はわずか0.3gとほとんど含まれていません。ごはん100gあたり糖質36.8g、パスタは100あたり69.5gですので、比較してみても糖質がいかに低いかということがわかります。

2|低脂肪

えびは、たんぱく質が豊富に含まれているにも関わらず、低脂肪で、脂質の含有率は肉類と比較するとその量はなんと約10分の1以下です。1尾あたりも大きすぎず、小さすぎずのサイズなので、調理の工夫によっては、カロリーのわりに食べごたえある食材といえます。

3|高たんぱく

えびには筋肉や体組織を維持するために必要なたんぱく質が豊富に含まれています。ダイエットをするうえで、筋肉を維持しながら体重を落とすということは大切なことのひとつです。同じたんぱく質である肉や魚と比較しても、低脂肪で高たんぱく質な食材です。

またえびにはアルギニンという良質のたんぱく質が多く含まれているため、疲労回復効果や、免疫力の向上にも有効です。

えびがダイエットに効く理由3つ

  • 低糖質
  • 低脂肪
  • 高たんぱく

ダイエットするうえで、たんぱく質はとても重要なんだけど、高たんぱく質の食材は脂質も高いものが多いだ。でも、えびは高たんぱくなのに低脂肪なんだよ♪

なるほど!だからダイエットに最適なんですね♪

えびのダイエットにおすすめのレシピ3選

ダイエットにおすすめな、えびを使ったレシピをご紹介いたします。

1|えびと春雨の中華スープ 1人分約70kcal

【材料】(2人分)

  • むきえび   30g
  • 白菜     30g
  • 春雨     20g
  • ☆水     400ml
  • ☆鶏ガラスープ  小さじ1
  • ごま油  小さじ1/2

【作り方】

  1. 白菜は2㎝幅に切る
  2. 鍋にごま油を敷き、えびを炒める
  3. ☆を加えて、沸騰したら白菜と春雨を加えてできあがり

【参考】クックパッドhttps://cookpad.com/recipe/5452941

2|糖質オフお豆腐とえびのお好み焼き 1枚約180kcal

【材料】(4~6枚分)

  • A卵    2個
  • A絹豆腐  1丁
  • A顆粒だし 5g
  • A塩    少々
  • A片栗粉  大さじ3
  • キャベツ 200g
  • 青ネギ  10g
  • 山芋   30g
  • 豚バラ肉 100g
  • えび   30g

【作り方】

  1. えび、きゃべつは粗みじん切り、青ネギは小口切り、山芋はすりおろす
  2. Aの材料を全てまぜ、よく混ぜたら1を混ぜあわせる
  3. 油(分量外)をしいたフライパンに生地を流し豚バラをのせて両面やいたらできあがり

【参考】クックパッドhttps://cookpad.com/recipe/5452813

3|糖質オフ えびときのこのポタージュスープ  1人分約150kcal

【材料】(2人分)

  • えび        100g
  • マッシュルーム   100g
  • 無調整豆乳     250g
  • バター       10g
  • コンソメ      5g
  • 塩こしょう     少々
  • にんにくすりおろし 少々
  • 乾燥バジル     好みで
  • MCTオイル     好みで

【作り方】

  1. えびとマッシュルームをみじん切りにする
  2. フライパンにバターを溶かし、すりおろしたにんにくを加え、香りがでたらマッシュルームを炒める
  3. マッシュルームがしんなりしたら、エビを加えてさっと火を通す
  4. ミキサーに3を移し入れ、豆乳を加えて混ぜ合わせる
  5. 鍋に4を移し、コンソメを入れて弱火で煮立たないように混ぜ合わせる
  6. 塩コショウで味を調え、スープカップに移し、MCTオイルとバジルをかけてできあがり

【参考】クックパッドhttps://cookpad.com/recipe/4758884

どれもおいしそうですね♪

えびは主役にもわき役にもなるから、バリエーションが豊富になるね♪

えびでダイエットをする時の注意点と工夫

えびは低カロリー、高たんぱく、低脂質、とダイエットには最適な食材ですが、以下の点には注意が必要です。

1|腹持ちが悪い

えびは脂質が低く、糖質がほとんど含まれていため、腹持ちが悪く、物足りなく感じてしまうことがあります。えびを単品で食べるのではなく、食物繊維を豊富に含む野菜などと一緒に摂取することで、腹持ちもよくなり、また食物繊維の効果で整腸作用も期待できます。

2|調理方法によっては高カロリーになりやすい

えびは前述したとおりダイエットに最適な食材ですが、えびと相性のよい小麦粉やマヨネーズなど、調理方法によっては高カロリーになりやすいため注意が必要です。えびを家庭で調理する際はもちろん、外食する際には揚げ物などはできるだけ避け、蒸し料理や焼き料理などの調理方法を選択しましょう。

3|殻や尻尾まで食べる

えびの殻や尻尾には、アスタキサンチンという栄養が豊富に含まれています。アスタキサンチンは美肌効果が期待できるうえに、強い抗酸化作用をもっています。きれいにダイエットするには取り入れたい栄養素のひとつです。また尻尾などをしっかり噛むことで満腹中枢が刺激され、満足感を得ることができます。

ダイエットに最適なうえに、美容にも効果的なんですね。

女性にはうれしい効果ばかりだよね♪

じつはダイエットに最適な食材だった?!えびのまとめ

えびは低カロリー、低糖質、低脂肪、高たんぱくと健康的にダイエットをおこなうには最適な食材だといえます。しかし、えびと相性のよい小麦粉や油を使った調理方法は高カロリーとなってしまうため、注意が必要ですが、蒸してサラダにしたり、炒めものにするなど、上手に取り入れることで筋肉を維持しながら体重を落とすというダイエットが可能になります。

えびは調理方法さえ間違わなければ、ダイエットには最適な食材だね♪

勉強になりました!私もえびをダイエットメニューのひとつに加えます♪