大豆イソフラボンのサプリの女性に嬉しい効果とは?その栄養価と魅力にせまる

大豆イソフラボンのサプリの女性に嬉しい効果とは?その栄養価と魅力にせまる

今回ご紹介するのは、大豆イソフラボンです。きれいな肌や髪を保つには、十分な量の女性ホルモンが体内十分にあることです。しかし、年齢やストレスなどで減少してしまうため、何らかの方法で補う必要があります。そこでおすすめなのが、女性ホルモンと似た働きをする、大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンを摂ると女性らしさや若々しさを保つことが期待できるのです。

こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。
髪のハリやツヤ、肌の調子が悪くなっていませんか?ひとつの原因として女性ホルモンの減少が考えられます。今回ご紹介する、大豆イソフラボンは女性ホルモンの代わりとして注目されています。髪や肌以外に生活習慣病や骨粗しょう症など、病気のリスクを下げる働きもありますよ。また、過剰摂取による副作用も併せて解説していきます。

リオ博士。栄養バランスを気を付けているのですが、いまいち効果がでないのです。どうしてでしょう?

うーん。ホルモンバランスの乱れもあるんじゃない?年齢やストレスで女性ホルモンが減ると、肌や体調にトラブルが出やすくなるんだよ!

ホルモンは盲点でした。何に気を付ければよいのでしょう?

僕のおすすめは、大豆イソフラボン♪女性ホルモンの代わりになってくれるんだよ!

大豆イソフラボン…。詳しくお願いします。

 

大豆イソフラボンが肌や髪を美しく保ってくれる効果あり!


大豆イソフラボンとは、その名の通り大豆に多く含まれるファイトケミカルの一種です。ファイトケミカルの美容や健康への効果は、強い抗酸化力です。体にできたサビといわれる、活性酸素を除去・排泄し若々しい体を保つのに役立ちます。

また大豆イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと似た働きをす。エストロゲンは女性らしい丸みのある体や、生理周期など女性にはなくてはならない存在です。しかし年齢やストレスなどでの減少したエストロゲンは、増えることはありません。そこで、大豆イソフラボンを摂ることで肌や髪など、心身の美しさを保つ効果が期待できるのです。

大豆イソフラボンとエストロゲンは形が似ているから作用も似ているんだよ!

形が似ていると、働きも似てくるようになるのですね。

大豆イソフラボンに女性に嬉しい効果がたくさんある3つの理由

次に大豆イソフラボンの代表的な効果をご紹介していきます。強い抗酸化作用大豆イソフラボンの女性ホルモンに似た作用の相乗効果で、肌調子更年期障害などのトラブルの改善にもなります。普段からサプリメントや大豆製品を摂り入れると、内側からのアンチエイジングになりますよ。

最近、肌トラブルが多いのが悩みなのです。

きっと大豆イソフラボンが解決してくれるよ♪

 

1|抗酸化作用

私たちの老化のひとつは原因は、体内にある活性酸素です。細胞を傷つけ肌トラブルや疲労感など、さまざまな悪影響を及ぼします。大豆イソフラボンには、活性酸素に対抗する強い抗酸化作用が認められています。シミやくすみの素である、メラニンの除去・生成抑制や肌のターンオーバーを正常を整えるなどの効果が期待できます。

2|ホルモンバランスを整える

大豆イソフラボンは、腸内細菌の働きによりエクオールという物質に変わります。近年の研究によりこのエクオールが、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることが判明しています。ホルモンバランスは加齢やストレス、食事などであっという間に乱れてしまいます。

そうすると肌トラブルであるシミやたるみ、イライラや疲労感など心身に影響するのです。そこで、大豆イソフラボンの摂取は、心身ともに若々しく保つ手助けとなるでしょう。

日本人には、大豆イソフラボンを体内でエクオールに変換できない人もいるんだ!だから、エクオールと表示してあるサプリメントを選ぶと、効果が実感しやすいよ♪

積極的に摂っていても、効果が表れにくいこともあるのですね。

 

3|美肌効果

エストロゲン美肌ホルモンといわれるほど、美容効果が高いといわれています。その効果はコラーゲンの生成し、肌や髪にハリやツヤを与えます。ほかにも、女性らしい丸みのある体や自律神経を安定させ、生理周期を整える働きがあります。したがって、美肌や健康的な体を保つことが期待できるのです。

大豆イソフラボンの効果まとめ

  • 抗酸化作用
  • ホルモンバランスを整える
  • 美肌効果

 

サプリ以外もあり!大豆イソフラボンを効率よく摂取する方法

大豆イソフラボンは、食品だけではなく、基礎化粧品などさまざまなものに使用されています。普段の生活に上手に取り入れて、ご自分に合ったものを見つけてみてください。

ドラッグストアに行くとよく目にするよね!

そうですね。何を選べばいいのいいのか迷ってしまいます。

1|食品から摂る

大豆イソフラボンの摂取目安は、70~75㎎/日とされています。下記に目安量をご紹介します。

  • 納豆…2パック(約71㎎)
  • 豆乳(200㎖)…2パック(約82㎎)
  • 豆腐…1丁(約80㎎)
  • きなこ…大さじ8杯(約77㎎)

数多くの大豆食品があります。和食中心の食事をすると大豆イソフラボンを多く摂ることができますよ

納豆ご飯やおみそ汁に冷ややっこ!僕の好きなものばっかりだよ~♪

リオ博士の若々しさは、大豆食品にもありそうですね。

2|栄養食品から摂る

大豆食品として、クッキーやウエハース、フルーツやナッツ入りのスティックバーなどがあります。これらは間食や忙しい時間に手軽に食べることができます。また食事にプラスすると、ビタミンやミネラルなども補うことができますよ。ただし、砂糖や小麦粉なども材料として含まれているため、食べすぎには十分注意しましょう。

3|化粧品から摂る

化粧品に含まれる大豆イソフラボンは、アグリコン型という吸収されやすい形になっています。そのため肌へ浸透しやすく、サプリメントや食品よりも効果が出やすいといえるでしょう。大豆イソフラボン以外にコラーゲンやヒアルロン酸など、お肌をふっくらとさせる美容成分も同時に摂ることができます。

化粧水をしたら、乳液やクリームも忘れずにね!

せっかくの美容成分を逃がさずですね。

大豆イソフラボンによる副作用の可能性はあるのか?


若々しい体を保つために、大豆イソフラボンは日頃から摂りたいものです。しかし、過剰摂取は副作用やアレルギーの可能性もあるのです。ここでは、注意すべき点について解説していきます。

1|過剰摂取

女性ホルモンと似た働きをする、大豆イソフラボン。そのため過剰摂取は、ホルモンバランスを崩す可能性があります。症状として、生理周期の乱れや乳がんのリスクが上昇するなどの研究結果が報告されています。

また、大豆イソフラボンを過剰に摂り続けていると、十分なホルモン量が充足されていると体が認識し、本来体内から分泌されるべきエストロゲンの分泌量が低下するおそれがあります。特にサプリメントで大豆イソフラボンを多く摂っている人は、サプリメントの摂取を止めた途端、ホルモンバランスの乱れによる体調不良が顕著に出てくるので要注意です。

大豆製品を普段から摂ることはとても良いことです。しかし、サプリメントと食品を併用すると摂りすぎてしまう可能性があるため、適量を心がけましょう。

なんでも摂りすぎはいいことはなく、ホルモンにまで異常をきたすのですね。

2|妊娠中は控える

妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが、妊娠を維持するために分泌されてます。大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た働きをするため積極的に摂ると、エストロゲンの過剰になってしまうのです。

そのためホルモンバランスが崩れ、妊娠継続の困難や胎児の発育異常などを起こす危険があるのです。妊娠中は栄養をしっかり取りたいと思うものです。しかしサプリメントだけに頼らず、食事バランスを整えることも大切です。

3|アレルギー反応

大豆イソフラボンはその名の通り、原料は大豆であるため大豆アレルギーの方は、使用をやめてください吐き気湿疹など体に異常が出ることがあります。また肌が敏感な方は、パッチテストをするなど数分~数時間ほど様子を見てから使用をするとよいです。

大豆に限らず、アレルギーってすべてのものにあるからね!様子が変だと感じたらすぐにやめよう!

大豆イソフラボンで女性らしい体づくりを!

大豆イソフラボンは、骨粗しょう症血中コレステロールの低下など健康増進の効果も期待されています。普段から摂ることで、美容や健康を維持しさまざまな病気のリスクを下げてくれるのです。また、大豆イソフラボンの効果を高めるには、カルシウムやビタミンなどの栄養素を組み合わせるとよいです

食事にサプリメントや大豆製品をプラスして、女性らしい体や若々し肌や髪を手に入れましょう。

ようこちゃん!大豆イソフラボンでナイスバディだよ!

リオ博士。教えていただいてありがたいのですが、おやじみたいですよ。