コラーゲンは肌以外にも効く?効果・副作用・摂取方法を徹底解説!

コラーゲンは肌以外にも効く?効果・副作用・摂取方法を徹底解説!

寒くなってきた今日この頃。お肌もだんだんと調子が落ちてくる時期ですね。そこで今日は美肌とは切っても切れない存在のコラーゲンについて詳しくご紹介していきます。コラーゲンと言うと、みなさんはどのようなイメージを持つでしょうかがわくでしょうか。お肌ぷるぷるとか、食べ物でいえば牛すじとかを思い浮かべるでしょうか。コラーゲンの効果は実は美肌だけではないのです。身体の色々ないろんなところに効果をもたらせてくれます。

 
 
こんにちは。
はたらく栄養の「ようこ」です。美肌は女性なら誰でも手に入れたいものですよね。でも美肌ってどうしたら手に入るのか気になりますよね。本日は美肌の基コラーゲンをご紹介します。
 

リオ博士。今日はコラーゲンについて解説してください。

ようこちゃんおはよう☆お肌の調子でも悪いの?

実は最近肌にハリがないような気がして…。

それは大変だ!じゃあコラーゲンについて解説しよう♪

美肌に効果あり?コラーゲンをおさらい

ここでは、コラーゲンが美肌効果に効果的である理由について解説します。その前に少しコラーゲンについておさらいしておきましょう。
 
コラーゲンはタンパク質の1つで、真皮や関節、骨などを構成する成分です。そして、肌は大きく分けると角層、表皮層、真皮層、皮下組織の4層になっていて、真皮は約70%がコラーゲンからできています。そのため、コラーゲンは美肌にとても大切な要素の1つなのです。
 

コラーゲンはタンパク質なのですね。

ふっふっふ〜!そうなんだよ☆コラーゲンは美肌に大切な力をもたらしているんだよ♪

 

コラーゲンが美肌に効果的な3つの理由

美肌にはコラーゲンが効果的だと言われていますが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。コラーゲンが美肌に効果的な理由を解説していきます。
 

それじゃあコラーゲンが美肌をもたらす3つの理由を解説していくよ☆

はい。お願いします。

1|肌の弾力やハリを保つ

先程コラーゲンのおさらいで述べた通り、真皮は約70%のコラーゲンからできており、肌の弾力を維持するバネの役割を持っています。そのコラーゲンはとても弾力性に富んだ繊維で、細胞と細胞をつないでいます。そして、真皮をささえる支柱となって皮膚にハリ弾力をもたせているのです。
 

コラーゲンが肌のハリをつくっていたなんて知りませんでした。今日からコラーゲンをたくさんとらないといけませんね…。

ようこちゃん!そんなに焦ってはいけないよ♪もっともっとコラーゲンを知ってからにしようね☆

は、はい…。

 

2|水分を抱え込んでみずみずしさを保つ

コラーゲンは非常に多くの水分を吸収して蓄える効果を持っています。これによって、肌内部からの水分蒸発を防いで肌表面に水分バリアを作ることができるため、みずみずしい肌を保つことが出来るのです。
 
ところが、コラーゲンは分子が大きく、化粧水などのスキンケアから真皮に直接浸透させることができません。そのためコラーゲンは、水分蒸発を防ぐフタのような役目を果たしています。肌表面から取り入れても浸透していく範囲には限界があるということを忘れないでくださいね。
 

3|ターンオーバーを促進しシミを抑える

古い角質や細胞が剥がれて新しく生まれ変わるサイクルのことをターンオーバーといいますが、このターンオーバーにはコラーゲンがとても重要なのです。細胞と細胞の溝にコラーゲンがたっぷりと満たされていると代謝は上がり、ターンオーバーが促進されます。
 
ターンオーバーが促進され正常に行われるということは、シミの原因となるメラニンも古い角質や細胞と一緒に剥がれ落ちるため、シミを抑えることができるのです。
 

コラーゲンっていろんな役割を果たしているのですね。

そうだね☆

 

コラーゲンが美肌に効果的な3つの理由

  • 肌の弾力やハリを保つ
  • 水分を抱え込んでみずみずしさを保つ
  • ターンオーバーを促進しシミを抑える

 

肌以外にも効く?コラーゲンの肌以外の効果ベスト3

これまではコラーゲンの美肌効果について紹介しましたが、コラーゲンは美肌以外にも効果を発揮します。など様々なところで働いているのです。その中で3つご紹介します。
 

コラーゲンて美肌以外にも効果があるんですね。知りませんでした。

ふっふっふ〜☆コラーゲンにはまだまだヒミツがあるのさ♪

1|髪をキレイにする

これまでコラーゲンが美肌に聞くと記述してきたように頭皮にも同じように効果があると言われています。真皮により多くのコラーゲンを蓄積させることで、弾力性に富んだ保湿力の高い地肌が出来上がります。それにより、ハリコシがある健康でキレイな髪になるのです。
 

コラーゲンは美肌だけではなくて地肌の美肌効果もらあったんですね。

リオ博士:地肌を健康にしてキレイな髪が作られるんだよ☆ようこちゃんも試してみてね!

2|強い骨をつくる

コラーゲンは骨組織にカルシウムやリンなどのミネラルが定着するのを助ける働きがあります。コラーゲンが不足すると、骨は必要なミネラルを保持できなくなってしまいます。そして、骨が老化して骨粗鬆症になりやすくなります。コラーゲンは骨を強く保つためにも働いているのです。
 

ミネラルとコラーゲンはセメントと鉄筋のような関係と言われているよっ☆

まるで家みたいですね。

 

3|爪を丈夫にする

爪に悩みを抱えている人を対象にコラーゲンペプチドを毎日摂取してもらった結果、爪の水分量が増えてもろかった爪が、丈夫で健康な爪に改善されたといわれています。これは、低分子のコラーゲンペプチドを経口摂取することにより、爪の保水性やしなやかさが改善したものと考えられています。
 

コラーゲンは爪にまで効くなんてすごいですね!!感動しました!!

コラーゲンに副作用はある?

コラーゲンは人体に存在する成分なので基本的には副作用はありませんが、過剰摂取飲み合わせによっては引き起こす可能性があります。食物アレルギーを持っている方は、自分のアレルゲンを把握して、安全にコラーゲンを摂り入れるように注意しなければなりません。例えば、鶏のアレルギーがある人は、植物性コラーゲンを摂るなど、工夫をしましょう。
 

アレルギーのある方は少し注意ですね。

そうだね!!飲み合わせや過剰摂取もやめておこう♪

コラーゲンを効率よく摂取する方法

コラーゲンがいろんなところに効果をもたらしていることを十分に理解できたら、今度はコラーゲンを効率よく摂取する方法を知っておきましょう。サプリメント食品基礎化粧品美容外科と様々なコラーゲンの摂取方法があるので一つずつ解説していきます。
 

コラーゲン一つとってもたくさんの摂取方法があるんですね。

気づいたかいようこちゃんっ♪一つずつ解説していくからね☆

 
 

1|サプリメントでコラーゲンを摂取する

コラーゲンは即効性がありますが、数日ではそれほど高い効果は期待できません。効率よく摂取するには、毎日継続して飲むということが基本です。
 
そして、寝る1時間前に飲むのがベストなタイミングと言われています。成長ホルモンが出る時間帯にきちんと眠り、コラーゲンの血中濃度を高めておくと、より効果的に摂取できるでしょう。
 

2|食品でコラーゲンを摂取する

コラーゲンの多い食品は、鶏手羽元手羽先豚足牛スジカレイ・ヒラメサザエカヒレなど様々あります。調理法のおすすめとしては煮る方法を取り入れるといいでしょう。魚やホルモンや鶏手羽などを煮ると、スープにたくさんのコラーゲンが溶け出すので効率よくコラーゲンを摂取できます。
 

ブロッコリーやキャベツなのどのビタミンCと一緒にコラーゲンを取るとより吸収されやすいんだよ☆

3|基礎化粧品でコラーゲンを摂取する

化粧品に含まれているコラーゲンは、私たちの体の中で作られるコラーゲンとは、全く別の成分で、市販の化粧水に含まれるコラーゲンは分子が大きいものばかりです。先程も記述した通り高分子の化粧水では、真皮に直接浸透されることができません。
 
しかし、肌表面の水分バリアが作られることによって潤いを保てるので、乾燥によるシワたるみであれば改善が期待できるようです。
 

低分子コラーゲン、ナノコラーゲン、ピココラーゲンなど低分子のコラーゲンが配合された化粧水ほど角質層にまで浸透しやすくなるんだよ☆高価だけどね♪

4|美容外科でコラーゲンを摂取する

美容外科でのコラーゲンの摂取は肌に直接注入をするコラーゲン注射です。コラーゲン注射シワ取り注射の王様と呼ばれるくらい効果が大きいようです。シワが取れるだけでなく肌の老化も抑えてくれると言われています。
 

コラーゲン注射は技術がいるから最近ではヒアルロン酸注射が流行っているようだよ☆

そうなんですか。私もうってみようかな。。。。(心の声)

 

美肌に健康!!コラーゲンでバラ色生活!

美肌や健康のためにコラーゲン摂取することも大事ですが、まずは規則正しい生活習慣を心がけるようにしましょう。そして、その中で悩みにあった方法を取り入れることをおすすめします。コラーゲンを効率よく取り入れ、美肌と健康を維持し、バラ色生活を手に入れましょう。
 

リオ博士、わかりやすい解説ありがとうございました。

ようこちゃん今から牛すじたっぷりのコラーゲン鍋会をしよう☆

さっそく美肌を守る会の発足ですね。了解しました。