秋のスキンケアで美白を手に入れよう!ケア方法を解説!美白コスメも合わせてご紹介

秋のスキンケアで美白を手に入れよう!ケア方法を解説!美白コスメも合わせてご紹介

夏の日差し対策が不十分であったり、夏から秋にかけて肌トラブルを感じやすいということはありませんか?シミやしわなどの肌トラブルを防ぐために、秋にできる美白ケアがあります。秋に気を付けておきたい過ごし方の注意点や、美白ケアの効果を高める方法をご紹介します。

こんにちは!
はたらく栄養のようこです。
今回は、秋のスキンケアで美白を手に入れる方法についてご紹介します。秋は、夏の強い日差しに比べ、過ごしやすい季節になりますよね。ついつい、気持ちいい季節は、ちょっとだけだから、日焼け止めをつけず外出したり、洗濯物をベランダに干すときも、夏程、日焼け対策をしていないことがあります。しかし、そういった油断が、美白効果を低下させると聞いたので、さっそくリオ博士に聞いてみたいと思います。

リオ博士おはようございます。今日は、秋のスキンケアで美白を手に入れる方法について、教えてください。

ようこちゃんおはよう!秋は、陽ざしが弱まり気持ちよく過ごせる季節になるよね!でも、紫外線量は、まだまだ高いから注意が必要なんだよ!だから、秋のスキンケアがとても大切なんだ!

そうなんですね!さっそく、秋のスキンケアで美白を手に入れる方法について教えてください!

分かった!今日は秋のスキンケアで美白を手に入れる方法ついて説明するね!

美白を手に入れるなら秋のスキンケアが肝心!

美白ケアは夏に頑張るものと思っていませんか?夏の紫外線の強い時期に、美白ケアをすることは大切ですが、じつは、秋のスキンケアが美白を手に入れるには大切です。秋は夏に比べ、日差しが弱まり、過ごしやすい季節になりますが、紫外線量や夏の疲れ、気温の変化などで肌に負担がかかる季節です。

さらに、美白ケアを頑張った夏に比べ、秋は少し美白ケアをお休みするという人も増える季節です。美白ケアは一年を通して、続けることが効果を発揮しますが、特に秋のスキンケアが重要です。その理由を詳しくみていきましょう。

美白を手に入れるためには、夏から継続して行うことが大切なんだ!特に、油断しがちな秋のスキンケアが大事!その理由について詳しく解説するよ!

 

秋に美白ケアをするべき3つの理由


夏から秋へと季節の変わり目は、肌トラブルを感じやすいという人も多いのです。秋に、美白ケアが大切な3つの理由をご紹介します。

肌トラブルを感じやすい秋に、美白ケアをするべきポイントを紹介するよ!

1|紫外線に対する意識の低下

紫外線は、年間を通して地上に降り注ぎます。特に、夏は日差しも強く、紫外線量は一年間の中でもっとも高い季節です。紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、UV-Aは秋にかけて量が少なくなりますが、UV-Bはあまり変わらないといわれています。

UV-Bは、シミやしわ、たるみなどの肌トラブルの原因となる紫外線といわれており、このUV-Bによる紫外線対策をしっかりしなければ、夏に美白ケアをしっかりしていても、肌トラブルにつながります。しかし、日差しが強くないということで、美白ケアに対する意識が低くなりやすい秋です。

肌トラブルに繋がる紫外線量は変わらないということを、常に意識してケアしておく必要があります。

2|肌表面の血流低下

夏に比べ、涼しく過ごしやすくなる秋です。気温も低くなり、肌表面の温度も比例して低下します。肌表面の温度が低くなると、肌表面近くの毛細血管の血液の流れが悪くなりやすくなります。血液は体のすみずみを流れ、酸素や栄養を運ぶ役割をしていますが、血流が悪くなると酸素や栄養がすみずみまで運ばれません。

その結果、酸素や栄養が細胞に届かず、新しい細胞を作る材料が足らなくなってしまいます。酸素と栄養が不足した細胞が、肌の表面に現れシミやしわ、たるみなどの肌トラブルを感じます。そのため、気温が低くなると同時に血流を意識したケアが大切になります。

3|乾燥しやすくなる季節は、シミが現れやすい

シミは、肌の内側に誰もがもっているメラノサイトが、紫外線などを感じ、メラニンを生成することで発生するといわれています。メラノサイトの量には、個人差があるといわれています。生成されたメラニンは、新しい細胞がつくられると、ある一定期間で肌表面に現れます。

シミは新しい細胞が作られることで排出されますが、このサイクルが崩れると肌表面に蓄積し、シミが常にあるように感じられます。肌が乾燥すると、新しい細胞へと生まれ変わるサイクルがうまくいかず、いつまでもシミが肌表面にみられのです。

秋に美白ケアをする理由3つ

  • シミの原因となる紫外線のUV-Bは、秋になってもふりそそいでいる
  • 秋になり、気温の低下が肌表面の血流を低下させる
  • 乾燥対策で健康的な細胞作りが大切

 

秋は夏の疲れがどっと出やすい季節、さらに気温の低下で紫外線や美白ケアの意識が低下しがち!しっかり対策をとっておきたいね!

秋の美白ケア方法3つ


秋は日差しが弱まるものの、気温や湿度の低下により、肌トラブルを感じやすい季節です。そのためにも、しっかり秋の美白ケアが大切になります。特に大切な美白ケアのポイントを3つに絞り、ご紹介します。

1|保湿ケア

乾燥対策が、シミなどをはじめ、肌トラブルを防ぐために重要だということを解説しました。乾燥を防ぐためには、日頃から保湿を心がけることです。秋は、夏に比べ気温とともに湿度も低下し、乾燥しやすい季節です。

スキンケアで使用するコスメの種類は、一年を通して同じものを使用していませんか?秋にとり入れたいコスメのポイントは、夏用のさっぱりした化粧水から、保湿力の高い化粧水に変えることです。

意外と、年中同じものでスキンケアしている人も多く、季節に合わせて旬の食べ物が変わるように、コスメも季節にあわせ、肌の状態や環境が変わるため、そのときに応じたものに変えていきましょう。それと同時に、水分をこまめにとることです。化粧水だけでは、圧倒的に肌の水分が足りません。

一度に大量に水分をとるのではなく、ちょこちょこ摂ることで、常に体内に水分を保てます。

2|角質ケア

角質ケアを定期的に行うことで美白ケアの効果を高める効果が期待できます。

顔の角質ケアを行うには、気持ちいいと感じる温度の蒸しタオルやホットタオルで、専用のピーリング剤の入った洗顔料やスクラブ、専用洗顔料を使用し、優しく洗顔することです。ゴシゴシと強くしたり、使用するコスメの使用頻度や方法を守って角質ケアしましょう。

3|紫外線対策

紫外線は、UV-AとUV-Bの2種類があり、特に気を付けたいUV-Bは秋も変わらず地上に降り注ぎます。UV-Bは、シミやしわの原因となる紫外線で、日焼けなどの自覚症状を感じにくい紫外線ですから注意が必要です。

夏にしっかり紫外線対策をとっていたのに、秋や冬になると肌トラブルを感じるかたは、秋からの紫外線対策を見直してみましょう。

秋には秋にあった、スキンケアや紫外線対策を継続することが大切だね!

美白ケアをもっと効率よくする方法

秋になってから、保湿ケア、角質ケア、紫外線対策を継続することは、時間もとられたり面倒だと感じることもあり、いつしか継続できなかったということもりますよね。そこで、もっと効率よく美白ケアできる方法をご紹介します。

1|サプリメントで美白ケアをする

美白ケアにサプリメントを取り入れることは、手軽で効果的です。美白ケアの主な2種類あります。まずは、できてしまったシミに対して、アプローチする成分が含まれているものと、もう一つは、シミの原因となる、メラニン生成を抑える成分が含まれているものなどがおすすめです。

2|美白ケアのために摂りたい3つのビタミン

美白ケアを毎日の食事でできると嬉しいですよね。美白ケアのためにとりたい栄養素が3つあります。それはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。ビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれ、にんじん、ほうれん草、ブロッコリーなど、秋から冬にかけて旬を迎える野菜にも多く含まれています。

ビタミンCは、野菜やフルーツ全般に多く含まれています。その他にもじゃがいもやさつまいもなどの芋類にも入っているので、小腹が空いたときのおやつに焼き芋などでビタミンCを補給してもいいですね。また、ビタミンEは、カボチャや大豆製品、ナッツ類、アボカドなどに多く含まれています。

3|美白ケアを高めるために摂り入れたい習慣

紫外線は年中、地上に降り注いでいます。日差しをよける帽子や傘、サングラスなど夏場だけではなく、年中通して紫外線に直接当たらないような対策を取ることです。また、肌のゴールデンタイムといわれる夜10時から翌朝2時ころは、しっかり睡眠をとることです。

美白ケアは自分にあった方法を選んで、継続してみよう!

美白ケアは継続することが大切

美白ケアは、日焼け後に慌ててやるだけでは、効果は一時的です。そのため、美白ケアを日ごろから継続して行うことが大切です。食事や睡眠、サプリメント、外出時の紫外線対策など総合的に実施しましょう。毎日続けることはむずかしいですが、美白ケアをして、自分のなりたいイメージをモチベーションの支えにして きれいな肌を手に入れましょう。

美白ケアは、継続することが大切なんですね!

そうだね!ついつい日差しの強い夏場は、一生懸命、紫外線対策を継続していきたいね!まずは、無理せず、続けられることから、コツコツとやってみてね!