アジのダイエット効果がすごすぎる!美容にも良いアジの栄養価やおすすめの食べ方もご紹介

アジのダイエット効果がすごすぎる!美容にも良いアジの栄養価やおすすめの食べ方もご紹介

脂が多く、ダイエットには不向きだと思われがちなアジですが、じつはダイエット効果があります。必須アミノ酸やオメガ3脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれており、体脂肪を減少させる効果が期待できるのです。アジに含まれる栄養素とその働き、ダイエット効果を高める食べ方、ダイエットにおすすめのレシピなどを紹介していきます。

こんにちは!
はたらく栄養の「ようこ」です。
日本での魚介類の消費量は、2001年度をピークに大きく減少し、日本人の魚離れが指摘されています。普段あまり魚を食べないという方も多いのではないでしょうか?しかし、じつはアジにはダイエット効果があるといわれています。アジの栄養価の高さやダイエット効果を知れば、きっとあなたもアジを食べたくなるはずです。アジのダイエット効果について、リオ博士に聞いてみましょう。

リオ博士!アジにダイエット効果があると聞いたのですが、それって本当なのでしょうか?

本当だよ!アジは栄養価が高いから、美容にも健康にも効果的だよ♪

そうなんですか?でも、魚ってどうやって食べたらいいのか分からなくて困るんですよね。

じゃあダイエット効果を高める食べ方やおすすめレシピを教えてあげるよ!

ありがとうございます!ぜひよろしくお願いします!

ダイエットにも美容にも良いアジに隠された栄養価とは?

アジはスズキ目アジ科に分類される魚で、日本ではマアジが一般的です。カロリーは100gあたり121kcalで炭水化物はほとんど含まれていません。ダイエットにたくさん摂りたいたんぱく質や、DHAやEPAなどの良質な脂質、不足しがちなビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。アジに含まれる栄養素とその働き、ダイエットに効果的な理由について詳しく解説していきます。

アジにはこんなにたくさんの栄養素が含まれているのですね。

そうなんだよ~!しかも、炭水化物はほとんど含まれないから糖質を抑えたい人にもおすすめだよ♪

アジがダイエットに効果的な3つの理由

アジに含まれる栄養素とその働きについて紹介しながら、ダイエットに効果的な理由を解説していきます。

1|必須アミノ酸

アジにはたんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質は最小単位まで分解されると、アミノ酸となります。アミノ酸には非必須アミノ酸必須アミノ酸の2種類があり、非必須アミノ酸は体内で合成することができません。そのため、食事から摂取する必要があるのです。

非必須アミノ酸は9種類あるのですが、アジにはそのすべてが含まれています。そのうちのフェニルアラニン•アルギニン•リジン•プロリンには、脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させて脂肪燃焼をサポートする働きがあります。そのため、内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる効果が期待できるのです。

2|オメガ3脂肪酸

アジに含まれるDHAやEPAは、私たちの体内で合成することができないオメガ3脂肪酸に分類されます。オメガ3脂肪酸は食事から摂取しなければならないのですが、日本人の摂取量は目標値に届いていません。そのため、意識して積極的にオメガ3脂肪酸を摂取する必要があります。

DHA•EPAを摂取すると、ベージュ脂肪細胞が増加するという研究結果が発表されています。ベージュ脂肪細胞には、体脂肪を分解して熱に変える作用があります。そのため、アジを食べることでベージュ細胞が増加し、体脂肪を減少させてくれるのでダイエット効果が得られるのです。

3|ナイアシン

アジには、ビタミンB群の一種であるナイアシンが豊富に含まれています。ナイアシンは酵素を助ける補酵素の役割を担っており、たんぱく質•脂質•炭水化物を代謝する際には欠かせません。食事から摂取した栄養素からエネルギーを生み出す過程では、その60〜70%がナイアシンの働きによるものだといわれています。

ナイアシンを摂取することによって、食べ物をエネルギーに変える代謝がスムーズにおこなわれるようになるのです。そして、効率よくエネルギーを補給することができるため、スタミナ切れを起こしません。その結果、活発に過ごせるようになって自然と活動量が増え、消費カロリーを増やす効果も期待できます。

アジには私たちの体に必要な栄養素がたくさん詰まっているのですね。

不足しがちな栄養素をまとめて摂取できるからうれしいよね♪

 

アジの効果・効能

  • 必須アミノ酸が脂肪燃焼をサポートして体脂肪を減少させる
  • オメガ3脂肪酸がベージュ脂肪細胞を増加させて体脂肪を減少させる
  • ナイアシンが代謝を促進して効率よくエネルギーを作り出す

 

ダイエット効果を高めるアジの食べかた


アジがダイエットに効果的だということはわかりましたが、どのように食べるのがよいのでしょうか?ダイエット効果を高めるアジの食べ方を紹介していきます。

1|生食

DHAとEPAは脂の部分に含まれています。焼くなどの加熱調理をすると、脂が落ちて大切な栄養素が流出してしまいます。そのため、生のまま刺身などにして食べるのがおすすめです。オメガ3脂肪酸は酸化しやすいため、なるべく鮮度がよいものを選び、早めに食べるようにしましょう。

2|生レモンと一緒に食べる

DHAを含む青魚と、ビタミンCを含むレモンを一緒に食べることで、AIMという物質を増やすことができるといわれています。AIMはもともと体内に存在しているたんぱく質で、さまざまな病気や老化を予防する効果が期待できます。アジを食べるときには、なるべく生レモンも一緒に食べるようにしましょう。

3|あまり大きすぎないアジを選ぶ

アジは、大きいものほど脂がのっておいしいというわけではありません。あまり大きすぎず、全体が丸みを帯びているものがおすすめです。また、アジの目が白く濁っていたら鮮度が落ちている可能性が高いので、目が澄んでいるものを選ぶようにしましょう。

旬のものは脂がのっておいしいんだけど、アジは地域によって旬の時期が違うんだよ〜!

そうなんですね。初めて知りました。

簡単!アジのダイエットにおすすめのレシピ3つ

最後に、アジをおいしくいただけるダイエットにおすすめのレシピを紹介していきます。

1|アジのカルパッチョ

  1. 水菜•玉ねぎ•にんじんなどお好みの野菜を、食べやすい大きさに切ってお皿に広げます。
  2. そのうえに、アジの刺身と千切りにした青じそを乗せます。
  3. オリーブオイル•レモン汁•塩•こしょうで味を整えたら完成です。

2|アジの南蛮漬け

  1. アジは下処理をして小麦粉をまぶし、170度の油で揚げておきます。
  2. 玉ねぎ•にんじん•ピーマンを細く切ります。
  3. お酢(100ml)、砂糖(大さじ2)、しょうゆ(大さじ1)、水(50ml)、塩(少々)を混ぜます。
  4. アジと野菜を調味料に浸けてしばらく置き、味がなじんだら完成です。

3|アジと大根の煮物

  1. アジは下処理をして、酒•めんつゆで下味をつけておきます。
  2. 大根•にんじんは食べやすい大きさに切って、下ゆでしておきます。
  3. 鍋に、めんつゆ•水を入れて煮立たせたら、大根•にんじんを入れて5分ほど煮ます。
  4. 最後にアジを加えて落し蓋をして、煮汁が少なくなるまで煮たら完成です。

 

どれもおいしそうですね。カルパッチョなら火を使わず簡単そうなので私でもすぐにできそうです。

カルパッチョはアジを生のまま食べられるし、レモンも一緒に摂れるからおすすめだよ♪

アジを食べるだけの簡単ダイエットで魚離れを防ごう

調理や食べるのが面倒だという理由から敬遠されがちなアジですが、じつはダイエットにも美容•健康にも効果的だということがわかりました。体にとって欠かすことのできない必須アミノ酸やオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。不足しがちな栄養素を効率よく補給するため、日々の食事にアジを取り入れてみてはいかがでしょうか?

アジに含まれる栄養素とそのダイエット効果、アジの食べ方がよくわかりました。

それなら良かった♪アジを積極的に食べて、無理のないダイエットに取り組んでみてね〜!

はい!がんばります。リオ博士、ありがとうございました。